【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

【PHP】外部ファイルを読み込む方法(require,include)

本記事では、PHPで外部ファイルを読み込む時に使用されるrequireとincludeの使い方について解説しています。

PHPの学習におすすめ書籍
独習PHP 第4版
総合評価
( 5 )
メリット
  • PHPの基本構文からクラス・データベース連携・セキュリティまで学べる
  • PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックを学べる
楽天ブックス
¥3,740 (2024/05/21 10:58時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
目次

コードの準備

以降の解説では、同じ階層に「fn.php」「index.php」の2つのファイルを使用します。

<?php
function say(){
    echo '関数が実行されました!';
}
?>

fn.phpにはsay関数を定義しています。これをindex.phpファイルで読み込み関数を実行させます。

requireの使い方

requireの使い方は以下のとおりです。

<?php
require('fn.php');
say(); // 関数が実行されました!
?>

requireの引数には呼び出したいファイルを相対パス・絶対パスで指定します。これで、fn.phpで定義されているsay関数がindex.phpで使えるようになります。

includeの使い方

requireの使い方は以下のとおりです。

<?php
include('fn.php');
say();
?>

使い方はrequireと全く同じで、引数に呼び出したいファイルを相対パス・絶対パスで指定します。これで、fn.phpで定義されているsay関数がindex.phpで使えるようになります。

requireとincludeの違い

requireとincludeの違いは外部ファイルが存在しない時に表れます。

requireを使って存在しない外部ファイルを読み込むと、そこで処理がストップしてしまい後続処理が実行されせん。しかし、includeでは存在しない外部ファイルを読み込んでも後続処理が実行されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次