【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

【PHP】match式の使い方・書き方について

本記事では、PHP8で新しく追加されたmatch式の使い方・書き方について解説しています。

PHPの学習におすすめ書籍
独習PHP 第4版
総合評価
( 5 )
メリット
  • PHPの基本構文からクラス・データベース連携・セキュリティまで学べる
  • PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックを学べる
楽天ブックス
¥3,740 (2024/04/09 00:20時点 | 楽天市場調べ)
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
目次

match式の使い方・書き方

match式の基本的な使い方は以下のとおりです。

$result = match (expression) {
    'value1' => '戻り値1',
    'value2' => '戻り値2',
    default => '戻り値3'
};
構文解説
  • $result:戻り値が代入される
  • expression:評価したい式(値)をセット
  • value1,2:expressionにセットした式と照合に使用される。一致していれば右辺の値をresultに返す
  • 戻り値1,2:valueに一致した時に返したい値をセット
  • default(戻り値3):全てのvalueに一致しなかった時に返したい値をセット(省略可能)
switch文との違い
  • 戻り値が返せる
  • 等価演算子(==)ではなく、厳密等価演算子(===)で比較する

実際に、match式を使用したサンプルコードを用意したので、動作確認してみましょう。

<?php
$scoreRank = 'C';

$result = match ($scoreRank) {
    'A' => 'とても良い調子です!',
    'B' => 'あと少しです!',
    'C' => '努力が必要です!',
    default => 'データがありません。'
};

echo $result;

// 実行結果:努力が必要です!

評価したい式(値)に変数$scoreRankをセットします。変数の中はCが代入されているため、match式は上から順にvalueにCがセットされていないかを探します。今回のサンプルコードでは「’C’ => ‘努力が必要です!’」があるので、右辺に記述されている「努力が必要です!」の文字列が変数$resultに代入されます。

defaultは省略可能ですが、全てのvalueに一致しない場合は「Uncaught UnhandledMatchError」のエラーを返すので基本的には設定しておきましょう。

<?php
$scoreRank = 'D';

$result = match ($scoreRank) {
    'A' => 'とても良い調子です!',
    'B' => 'あと少しです!',
    'C' => '努力が必要です!',
};

echo $result;

// Fatal error: Uncaught UnhandledMatchError:

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次