PHP

【PHP】条件式の==と===の違いについて徹底解説

本記事では、PHPの条件式で使われる==と===の違いについて解説しています。

PHPの学習におすすめ参考書
気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

本書情報
著者谷藤 賢一
発売日2017/3/6
ページ数331ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(168件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、PHP+MySQL(MariaDB)入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間11時間
受講者数24,526人
レビュー (4,518件)
動画の詳細はこちら

==と===の違い

条件分岐で使用される==と===の違いは、データ型の種類まで比較するかしないかです。データ型とは数値であればint、文字列であればstringのことを指します。

==は、データ型の種類は比較せず値だけを比較します。===は、値とデータ型の種類の両方を比較します。そのため、値とデータ型の種類の両方を比較してくれる===の方を使うことでバグが起きにくいプログラムを作成することが出来ます。

数値と文字列

数値と文字列を==と===を使って比較してみましょう。

<?php 
var_dump(100 == '100'); // -> bool(true)
var_dump(100 === '100'); // -> bool(false)
?>

同じ値を比較しているのに==の方はtrueが返され、===の方はfalseが返されました。

この理由は、==の方ではデータ型の比較をしないため純粋に数値の100と文字列の100を比較しています。そのため、どちらも同じ100なのでtrueが返されます。

===の方ではデータ型まで比較するため、数値の100はデータ型のintに属し文字列の100はデータ型のstringに属しているため異なるためfalseが返されます。

数値とブール値

数値とブール値を==と===を使って比較してみましょう。

<?php 
var_dump(0 == false); // -> bool(true)
var_dump(0 === false); // -> bool(false)
var_dump(1 == true); // -> bool(true)
var_dump(1 === true); // -> bool(false)
?>

「0 == false」と「1 == true」の比較をするとtrueが返されます。何故、このような比較結果になるのか疑問ですよね。実はtrueとfalseは数値で表すことができ、trueは数値の「1」になりfalseは数値の「0」にあたります。

この理由はから数値の比較だけをする==ではtrueが返され、データ型まで確認する===では数値のintとブール値のboolで異なるためfalseが返されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村