PHP

【PHP】連想配列の使い方(追加・変更・削除)

本記事では、PHPの連想配列の使い方と連想配列の追加・値の変更・削除について解説しています。

PHPの学習におすすめ参考書
気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

本書情報
著者谷藤 賢一
発売日2017/3/6
ページ数331ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(168件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、PHP+MySQL(MariaDB)入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間11時間
受講者数24,526人
レビュー (4,518件)
動画の詳細はこちら

連想配列の使い方・書き方

連想配列の書き方は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
];
?>

配列と少し似ていますが、配列の場合データが単体で格納されていますよね。しかし、連想配列の場合は値はKeyとワンセットで管理されています。そのため、キーに対してどのような値を代入するか設定することができるので、ただデータを格納している配列に比べ分かりやすいです。

連想配列の値を確認する方法

連想配列の値を確認する方法は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
];
print_r($name_arr['name']); // -> Suzuki
?>

連想配列[‘Key’]の記述で値を確認することが出来ます。

連想配列の追加

連想配列に追加する方法は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
];
$name_arr['age'] = 20;
print_r($name_arr); // -> Array ( [name] => Suzuki [age] => 20 )
?>

連想配列[‘Key’] = 値;の記述で連想配列に追加することが出来ます。

連想配列の値を変更

連想配列の値を変更する方法は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
    'age' => 20,
];
$name_arr['age'] = 30;
print_r($name_arr['age']); // -> 30
?>

基本的な書き方は、追加する方法と同じで連想配列内に存在するKeyに対して変更後の値を代入します。

連想配列の削除

連想配列の値を削除するにはunset()を使用します。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
    'age' => 30,
];
unset($name_arr['age']);
print_r($name_arr); // -> Array ( [name] => Suzuki )
?>

通常の配列ですと、先頭・末尾・n番目を削除するのですが連想配列の場合はKeyを元に削除します。

unset()の使い方は、()内に「連想配列[‘削除したいKey’]」の記述で対象のKeyとそれに紐付いている値を削除することが出来ます。

【PHP】配列の先頭・末尾・n番目を削除する方法本記事では、配列の先頭・末尾・n番目を削除する方法についてサンプルコードを用いて解説しています。...

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村