【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

【PHP】連想配列の使い方(追加・変更・削除)

本記事では、PHPの連想配列の使い方と連想配列の追加・値の変更・削除について解説しています。

PHPの学習におすすめ書籍
独習PHP 第4版
総合評価
( 5 )
メリット
  • PHPの基本構文からクラス・データベース連携・セキュリティまで学べる
  • PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックを学べる
楽天ブックス
¥3,740 (2024/04/16 01:40時点 | 楽天市場調べ)
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
目次

連想配列の使い方・書き方

連想配列の書き方は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
];
?>

配列と少し似ていますが、配列の場合データが単体で格納されていますよね。しかし、連想配列の場合は値はKeyとワンセットで管理されています。そのため、キーに対してどのような値を代入するか設定することができるので、ただデータを格納している配列に比べ分かりやすいです。

連想配列の値を確認する方法

連想配列の値を確認する方法は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
];
print_r($name_arr['name']); // -> Suzuki
?>

連想配列[‘Key’]の記述で値を確認することが出来ます。

連想配列の追加

連想配列に追加する方法は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
];
$name_arr['age'] = 20;
print_r($name_arr); // -> Array ( [name] => Suzuki [age] => 20 )
?>

連想配列[‘Key’] = 値;の記述で連想配列に追加することが出来ます。

連想配列の値を変更

連想配列の値を変更する方法は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
    'age' => 20,
];
$name_arr['age'] = 30;
print_r($name_arr['age']); // -> 30
?>

基本的な書き方は、追加する方法と同じで連想配列内に存在するKeyに対して変更後の値を代入します。

連想配列の削除

連想配列の値を削除するにはunset()を使用します。

<?php
$name_arr = [
    'name' => 'Suzuki',
    'age' => 30,
];
unset($name_arr['age']);
print_r($name_arr); // -> Array ( [name] => Suzuki )
?>

通常の配列ですと、先頭・末尾・n番目を削除するのですが連想配列の場合はKeyを元に削除します。

unset()の使い方は、()内に「連想配列[‘削除したいKey’]」の記述で対象のKeyとそれに紐付いている値を削除することが出来ます。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次