PHP

【PHP】配列の先頭・末尾・n番目を削除する方法

本記事では、配列の先頭・末尾・n番目を削除する方法についてサンプルコードを用いて解説しています。

PHPの学習におすすめ参考書
気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

本書情報
著者谷藤 賢一
発売日2017/3/6
ページ数331ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(168件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、PHP+MySQL(MariaDB)入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間11時間
受講者数24,526人
レビュー (4,518件)
動画の詳細はこちら

配列の先頭を削除

配列の先頭を削除するには、array_shift()を使います。

<?php
$arr = ['データ1', 'データ2', 'データ3'];
array_shift($arr);
?>

使い方は、array_shift()の引数に先頭を削除したい配列を渡します。

array_shift()を使ったサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = ['Tanaka', 'Suzuki', 'Yamada'];
array_shift($name_arr);
print_r($name_arr); // -> Array ( [0] => Suzuki [1] => Yamada )
?>

配列の先頭に格納されていたTanakaが削除されているのが確認できます。

配列の末尾を削除

配列の末尾を削除するには、array_pop()を使います。

<?php
$arr = ['データ1', 'データ2', 'データ3'];
array_pop($arr);
?>

使い方は、array_shift()と同様にarray_pop()の引数に末尾を削除したい配列を渡します。

array_pop()を使ったサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = ['Tanaka', 'Suzuki', 'Yamada'];
array_pop($name_arr);
print_r($name_arr); // -> Array ( [0] => Tanaka [1] => Suzuki )
?>

配列の末尾に格納されていたYamadaが削除されているのが確認できます。

配列のn番目を削除

配列のn番目を削除するには、array_splice()を使います。

<?php
$arr = ['データ1', 'データ2', 'データ3'];
array_splice($arr, 削除する位置, 削除する数);
?>

使い方は、array_splice()の第一引数に削除したい配列を渡し、第二引数に削除したい位置を設定します。配列は0番目から始まるので配列の2番目を削除したい場合は1を設定します。第三引数に削除したい数を設定します。第三引数を省略した場合、削除する位置以降に格納されているデータが全て削除されます。

array_splice()を使ったサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

<?php
$name_arr = ['Tanaka', 'Suzuki', 'Yamada'];
array_splice($name_arr, 1, 1);
print_r($name_arr); // -> Array ( [0] => Tanaka [1] => Yamada )
?>

配列の2番目(添字の1番目)に格納されていたSuzukiが削除されているのが確認できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村