JavaScript

【JavaScript】文字列の先頭が指定された文字列で始まっているか判定する(startsWidth)

本記事では、JavaScriptで文字列の先頭が指定された文字列で始まっているか判定する方法について解説しています。

ITエンジニア特化の転職サイト!
自社内開発求人に強い【クラウドリンク】

先輩くん
先輩くん
年収、休日数、労働環境等クラウドリンクが審査し、これらを通過した優良求人情報のみ紹介しているよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
100%自社内開発の求人だから、SESのように職場環境が変わらないのがいいね!
簡単30秒で無料登録!

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

startsWidthの使い方

JavaScriptで文字列の先頭が指定された文字列で始まっているか判定するには、startsWidthメソッドを使用します。使い方は以下のとおりです。

str.startsWith(searchString[, position])
startsWidthの使い方
  • str:判定したい対象の文字列
  • searchString:検索する文字
  • position(省略可):検索を始める文字列の位置。初期値は0。

startsWidthメソッドは、判定したい対象の文字列がsearchStringに指定した検索対象文字で始まる場合はtrueを返し、それ以外の場合はfalseを返します。

また、文字列は大文字と小文字で区別されます。大文字と小文字で区別されたくない場合は、toUpperCaseメソッドやtoLowerCaseメソッドを使用して判定したい対象の文字列を大文字または小文字のどちらかに変換しましょう。

const str = "My favorite food is ramen.";

console.log(str.startsWith("my")); // false
console.log(str.startsWith("My")); // true
console.log(str.startsWith("Myfavorite")); // false
console.log(str.startsWith("My favorite")); // true
console.log(str.startsWith("food", 12)); // true

ブラウザ対応状況

startsWidthメソッドのブラウザ対応状況は以下のとおりです。

デバイス ブラウザ サポート
Chrome 41
Edge 12
FireFox 17
Internet Explorer 非対応
Opera 28
Safari 9
WebView Android 37
Chrome Android 36
FireFox for Android 17
Opera Android 24
Safari on iOS 9
Samsung Internet 3.0

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村