jQuery

jQueryで指定要素の前に要素を追加する方法(prepend,before)

本記事では、jQueryで指定要素の前に新しい要素を追加するprepend()・prependTo()・before()・insertBefore()の使い方と違いについて解説しています。

jQueryの学習におすすめ参考書
jQuery最高の教科書

本書情報
著者株式会社シフトブレイン
発売日2013/11/26
ページ数320ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(93件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
即実践 手を動かして6時間でjQueryをマスターしよう。
知識、経験ゼロからjQueryを使いこなそう

動画情報
作成者村守 康
学習時間6時間
受講者数28,547人
レビュー (425件)
動画の詳細はこちら

prepend()メソッドの使い方

prepend()メソッドの使い方は以下のとおりです。

$("要素名").prepend("追加したいコンテンツ");

prepend()メソッドを使って実際に要素を追加するサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

<p id="point1">基点となるポイント</p>
<button id="btn1">要素を追加する</button>
let i1 = 1;
$("#btn1").on("click", function () {
  $("#point1").prepend("<p class='c-red'>" + i1 + "つ目の要素が追加されました!</p>");
  i1++;
});
実行結果

基点となるポイント

prepend()メソッド使用後のDOM
prepend()メソッド使用後のDOM

prependTo()メソッドの使い方

prependTo()メソッドの使い方は以下のとおりです。

$("追加したいコンテンツ").prependTo("要素名");

prependTo()メソッドを使って実際に要素を追加するサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

<p id="point2">基点となるポイント</p>
<button id="btn2">要素を追加する</button>
let i2 = 1;
$("#btn2").on("click", function () {
  $("<p class='c-red'>" + i2 + "つ目の要素が追加されました!</p>").prependTo("#point2");
  i2++;
});
実行結果

基点となるポイント

prependTo()メソッド使用後のDOM
prependTo()メソッド使用後のDOM

prepend()メソッドとprependTo()メソッドの違い

prepend()メソッドとprependTo()メソッドの使い方、コンテンツが追加された際のDOM構造を紹介しましたが、書き方以外大きな違いがないように思えますが実は戻り値が異なります。

prepend()メソッドは「基準となる要素」を、prependTo()メソッドは「追加した要素」を返します。これは要素を追加するだけの処理であれば、戻り値は気にしなくても大丈夫ですがその後に別の処理をする場合は、正しく使い分ける必要があります。

要素を追加した後に背景色を変更する処理を実行させた時のprepend()メソッドとprependTo()メソッドの違いを確認してみましょう。

<div>
  <p id="prepend-elem">prepend()の基準となるポイント</p>
</div>
<div>
  <p id="prependto-elem">prependTo()の基準となるポイント</p>
</div>

<button id="prepend-add">prepend()で要素を追加する</button>
<button id="prependto-add">prependTo()で要素を追加する</button>
$("#prepend-add").on("click", function () {
  $("#prepend-elem").prepend("<p>要素が追加されました!</p>").css("background-color","yellow");
});

$("#prependto-add").on("click", function () {
  $("<p>要素が追加されました!</p>").prependTo("#prependto-elem").css("background-color","yellow");
});
実行結果

prepend()の基準となるポイント

prependTo()の基準となるポイント

before()メソッドの使い方

before()メソッドの使い方は以下のとおりです。

$("要素名").before("追加したいコンテンツ");

before()メソッドを使って実際に要素を追加するサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

<p id="point3">基点となるポイント</p>
<button id="btn3">要素を追加する</button>
let i3 = 1;
$("#btn3").on("click", function () {
  $("#point3").before("<p class='c-red'>" + i3 + "つ目の要素が追加されました!</p>");
  i3++;
});
実行結果

基点となるポイント

before()メソッド使用後のDOM
before()メソッド使用後のDOM

insertBefore()メソッドの使い方

insertBefore()メソッドの使い方は以下のとおりです。

$("追加したいコンテンツ").insertBefore("要素名");

insertBefore()メソッドを使って実際に要素を追加するサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

<p id="point4">基点となるポイント</p>
<button id="btn4">要素を追加する</button>
let i4 = 1;
$("#btn4").on("click", function () {
  $("<p class='c-red'>" + i4 + "つ目の要素が追加されました!</p>").insertBefore("#point4");
  i4++;
});
実行結果

基点となるポイント

insertBefore()メソッド使用後のDOM
insertBefore()メソッド使用後のDOM

before()メソッドとinsertBefore()メソッドの違い

before()メソッドとinsertBefore()メソッドの使い方、コンテンツが追加された際のDOM構造を紹介しましたが、prepend()メソッドとprependTo()メソッドと同様に戻り値が異なります。

before()メソッドは「基準となる要素」を、insertBefore()メソッドは「追加した要素」を返します。

before()メソッドとinsertBefore()メソッドの違いをサンプルコードで確認してみましょう。

<div>
  <p id="before-elem">before()の基準となるポイント</p>
</div>
<div>
  <p id="insertbefore-elem">insertBefore()の基準となるポイント</p>
</div>

<button id="before-add">before()で要素を追加する</button>
<button id="insertbefore-add">insertBefore()で要素を追加する</button>
$("#before-add").on("click", function () {
  $("#before-elem").before("<p>要素が追加されました!</p>").css("background-color","yellow");
});

$("#insertbefore-add").on("click", function () {
  $("<p>要素が追加されました!</p>").insertBefore("#insertbefore-elem").css("background-color","yellow");
});
実行結果

before()の基準となるポイント

insertBefore()の基準となるポイント

要素追加の関連記事

jQueryで指定要素の後に要素を追加する方法(append,after)本記事では、jQueryで指定要素の後に新しい要素を追加するappend()・appendTo()・after()・insertAfter()の使い方と違いについて解説しています。...
jQueryで親要素を追加する方法(wrap,wrapAll,wrapInner)本記事では、jQueryで親要素を追加するwrap・wrapAll・wrapInnerの使い方と違いについて解説しています。...

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村