JavaScript

【JavaScript】blurイベントとは?フォーカスが外れた時に処理を行う

こちらの記事では、JavaScriptのblurイベントについてサンプルコードを用いて分かりやすく解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

blurイベントとは

blurイベントとは、ユーザーがテキストフィールドやテキストエリアなどに対して一度フォーカスをあてている状態から外したタイミングで実行されるイベントです。

同じフォーカス系イベントである、focusイベント(クリックやキーボードのTabキーでテキストフィールドやテキストエリアなどに対してフォーカスした時にイベント実行)とは対照的のイベントになります。

blurイベントの使い方

blurイベントは「addEventListenerメソッド」「onblurプロパティ」「onblur属性」の3つの書き方があります。
▼トリガーになる要素を取得(addEventListenerとonblurプロパティで使用)
const elem = document.getElementById('js-elem'); // トリガーになる要素を取得

▼addEventListenerメソッド
elem.addEventListener('blur',function(){ // 第一引数にblurを指定
  // 処理を記述
});

▼onblurプロパティ
elem.onblur = function(){
  // 処理を記述
};
▼onblur属性
<form>
  <input type="text" placeholder="テキストを入力してください" onblur="blurEvent();">
</form>

<script>
function blurEvent(){
  // 処理を記述
}
</script>

サンプルコード

こちらで紹介するサンプルコードは、テキストフィールドに文字を入力してフォーカスを外すと入力した文字が下に表示されます。

実行結果

入力されたテキスト:

<form>
  <input id="input-text" type="text" placeholder="テキストを入力してください">
  <p>入力されたテキスト:<span id="output-text"></span></p>
</form>

<script>
window.addEventListener('DOMContentLoaded',function(){
  const inputText = document.getElementById('input-text');   // ①
  const outputText = document.getElementById('output-text'); // ①
  
  inputText.addEventListener('blur',function(e){ // ②
    outputText.textContent = e.target.value; // ③
  });
});
</script>
サンプルコード解説

  1. blurイベントを設定する対象のテキストフィールド要素と入力した文字列を表示させる要素を取得
  2. addEventListenerメソッドの第一引数にblurを指定
  3. blurイベントが実行された時にe.target.valueでテキストフィールドの値を取得し表示させる

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村