【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

【JavaScript】配列の長さは変えずに要素だけ削除する方法

本記事では、JavaScriptの配列の長さは変えずに要素だけ削除する方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ書籍
1冊ですべて身につくJavaScript入門講座
総合評価
( 5 )
メリット
  • 誰でも分かるように嚙み砕いて説明してくれる
  • アニメーションの知識が深く学べる
  • 1つのWebサイトを作りながら学べる
楽天ブックス
¥2,794 (2024/05/19 02:42時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
目次

delete演算子を使う

JavaScriptで配列を削除する場合、shift()やsplice()などのメソッドを使用することが多いと思います。しかし、このメソッドは配列のインデックス番号ごと削除してしまうため配列の長さが変わってしまいます。

配列の要素は削除したいけど、長さは変えたくない時はdelete演算子を使いましょう。基本的な使い方は以下のとおりです。

delete arr[index];
構文解説
  • delete:delete演算子を使うことを意味する
  • arr:削除したい値が代入されている対象の配列を指定
  • index:削除したい値が代入されているインデックス番号(添え字)

delete演算子は、配列要素の削除に成功した時はtrueを返します。

先輩くん

delete演算子を使って、配列要素を削除するサンプルコードを用意したので、確認してみましょう!

let fruitsArr = ["apple", "banana", "strawberry"];

console.log(delete fruitsArr[0]); // => true
console.log(fruitsArr); // => (3) [empty, 'banana', 'strawberry']

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次