JavaScript

【JavaScript】配列の長さは変えずに要素だけ削除する方法

本記事では、JavaScriptの配列の長さは変えずに要素だけ削除する方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂3版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

本書情報
出版社技術評論社
著者山田 祥寛
発売日2023/2/13
ページ数624ページ
レビュー
(Amazon)
(4件)
先輩くん
先輩くん
10万部突破したJavaScriptの本が大幅増補改訂し7年ぶりに発売されたよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
最新の基本文法から、開発に欠かせない応用トピックまで学ぶことが出来るよ!

綺麗なコードが書けるようになる!
リーダブルコード-より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

本書情報
出版社オライリージャパン
著者Dustin Boswell / Trevor Foucher
発売日2012/6/23
ページ数260ページ
レビュー
(Amazon)
(620件)
先輩くん
先輩くん
より良いコードを書きたい人におすすめの本だよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
10以上前の書籍ですが、内容は今でも役に立つものばかりです!

delete演算子を使う

JavaScriptで配列を削除する場合、shift()やsplice()などのメソッドを使用することが多いと思います。しかし、このメソッドは配列のインデックス番号ごと削除してしまうため配列の長さが変わってしまいます。

配列の要素は削除したいけど、長さは変えたくない時はdelete演算子を使いましょう。基本的な使い方は以下のとおりです。

delete arr[index];
構文解説
  • delete:delete演算子を使うことを意味する
  • arr:削除したい値が代入されている対象の配列を指定
  • index:削除したい値が代入されているインデックス番号(添え字)

delete演算子は、配列要素の削除に成功した時はtrueを返します。

先輩くん

delete演算子を使って、配列要素を削除するサンプルコードを用意したので、確認してみましょう!

let fruitsArr = ["apple", "banana", "strawberry"];

console.log(delete fruitsArr[0]); // => true
console.log(fruitsArr); // => (3) [empty, 'banana', 'strawberry']

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村