JavaScript

【JavaScript/jQuery】配列の先頭・末尾を削除する方法

本記事では、JavaScriptとjQueryで使える配列要素を削除する3つの方法(pop,shift,splice)について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

配列の末尾の要素を削除する(pop)

配列の末尾の要素を削除する場合はpopメソッドを使用します。

array.pop();

末尾の要素を削除するだけなので、引数などの指定はありません。

popメソッドを使って配列の末尾を削除するサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

let fruitsArr = ["キウイ","イチゴ","マグロ"];

fruitsArr.pop();
console.log(fruitsArr); // -> ["キウイ","イチゴ"]

配列の先頭の要素を削除する(shift)

配列の先頭の要素を削除する場合はshiftメソッドを使用します。

array.shift();

先頭の要素を削除するだけなので、引数などの指定はありません。

shiftメソッドを使って配列の先頭を削除するサンプルコードと実行結果は以下のとおりです。

let numArr = ["A",1,2,];

numArr.shift();
console.log(numArr); // -> [1,2]

配列の先頭・末尾以外にある要素を削除する(splice)

配列の先頭や末尾以外の要素を削除する場合はspliceメソッドを使います。

splice(start, deleteCount);
引数
start削除する位置
deleteCount削除する要素数

spliceメソッドの第一引数に、配列の何番目を削除したいかを添字で指定します。例えば、配列の3番目を削除したい場合は第一引数に配列の添字である2を指定します。第二引数には削除する要素数を指定します。削除したい要素数が一つであれば、第二引数に1を指定します。

let strArr = ["A","B",1,"C","D",2,3,"E"];

strArr.splice(2,1);
console.log(strArr); // -> ["A","B","C","D",2,3,"E"]

strArr.splice(4,2);
console.log(strArr); // -> ["A","B","C","D","E"]

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村