Git

【Git】インストール方法を画像付きで解説(Windows/Mac)

こちらの記事では、WindowsとMacにGitをインストールする方法について画像付きで分かりやすくまとめています。

Gitの学習におすすめ参考書
改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

本書情報
著者湊川 あい
発売日2021/6/12
ページ数280ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(84件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

動画情報
作成者山浦 清透
学習時間5.5時間
受講者数40,161人
レビュー (7,512件)
動画の詳細はこちら

WindowsにGitをインストールする手順

まず始めに「Git for Windows」のページにアクセスします。

Git for Windows 公式サイト

Git for Windowsのページにアクセスしたら「Download」ボタンをクリックします。

ダウンロード完了したexeファイルを開くと最初にGNUライセンスのウィンドウが表示されます。内容に同意したら「Next」をクリックします。

Gitのインストール先のディレクトリを指定します。
デフォルトはCドライブ内のProgram Filesフォルダ内にGitが追加されます。インストール先を変更したい人は「Browse…」のボタンをクリックしディレクトリを選択します。

インストールオプションを選択します。
デフォルトでは「Git Bash Here」「Git GUI Here」「Git LFS(Large File Support)」「Associate .git configuration files with the default text editor」「Associate .sh files to be run with Bash」が選択されています。

オプション説明
On the Desktopデスクトップ上にGitアイコンを追加する
Git Bash HereGit Bashをコンテキストメニューに追加する
Git GUI HereGit GUIをコンテキストメニューに追加する
Git LFS(Large File Support)Gitの拡張機能です。
Gitは動画や高画質の画像などの大容量のファイルを扱うことが不得意です。そこでGit LFSを使うことで大容量のファイルを効率よく扱うことが可能になります。
Associate .git configuration files with the default text editorエクスプローラーで「.git」で始まるファイルを開くと自動でテキストエディタが起動する
Associate .sh files to be run with Bashエクスプローラーで拡張子が「.sh」のファイルを開くと自動でGit Bashが起動し実行する
Check daily for Git for Windows updatesGit for Windowsのアップデート情報が公開された時に通知が来る
(NEW!)Add a Git Bash Profile to Windows TerminalWindows TerminalにGit Bashを追加する

スタートメニューにGitを追加します。
デフォルト設定の場合スタートメニューに追加されるため、追加したくない場合は下にあるチェックボックス「Don’t create a Start Menu folder」を選択します。

デフォルトのエディタを選択します。
インストールされているエディタであればどれを選択しても問題ありません。

git initコマンドでリポジトリを作成した時のブランチ名を設定します。

項目説明
Let Git decideブランチ名をmaster
Override the default branch name for new repositories指定したブランチ名がデフォルト

デフォルトの「Let Git decide」を選択するとブランチ名がmasterになります。
今までのGitはmasterブランチでしたが今後masterブランチからmainブランチに変更される予定です。

PATH環境変数の設定をします。

項目説明
Use Git from Git Bash onlyGitをGit Bashのみで使用
Git from the command line and also from 3rd-party-softwareGitをPowerShellなどのGit Bash以外でも使用可能
Use Git and optional Unix tools from the Command PromptPowerShellなどでGitコマンドの他にUnixのコマンドが使用可能

gitでSSH接続をする場合に、OpenSSHを利用するか外部のOpenSSHを利用するかを選択します。

項目説明
Use bundled OpenSSHssh.exeをインストールする
Use external OpenSSHssh.exeをインストールしない

gitでHTTPS接続をする場合に、OpenSSLのルート証明書を使うか、WindowsのSecure Channelのルート証明書を使うか選択します。

項目説明
Use the OpenSSL libraryOpenSSLのルート証明書を使う
Use the native Windows Secure Channel libraryWindowsのSecure Channelのルート証明書を使う

チェックアウトとコミット時の改行コードの自動変換設定をします。

項目説明
Checkout Windows-style,commit Unix-style line endingsチェックアウト:CR-LF
コミット:LF
Checkout as-is, commit Unix-style line endingsコミット:LF
Checkout as-is, commit as-is改行コードの自動変換無し

Git Bashで使用するターミナルを選択します。

項目説明
Use MinTTY(the default terminal of MSYS2)MinTTYを使用
Use Windows’ default console windowWindowsの標準コンソールを使用

git pullコマンド実行時の挙動を設定します。

項目実行されるコマンド
Default(fase-forward or merge)git pull –ff
Rebasegit pull –rebase
Only ever fase-forwardgit pull –ff-only

httpsでリモートリポジトリに接続する際の認証について設定します。

項目実行されるコマンド
Git Credential ManagerCredential Managerをインストールする
リモートリポジトリに接続する際に毎回行われる認証を省く
NoneCredential Managerをインストールしない

オプションの設定をします。

項目実行されるコマンド
Enable file system cachingファイルのキャッシュを削除し動作を高速化する
Enable symbolic linksリポジトリ内でシンボリックリンクを使用する

試験運用中のオプション設定をします。

項目実行されるコマンド
Enable experimental support for pseudo consoles.Git Bash Window上でNodeやPythonのコンソールを使用できる
Enable experimental built-in file system monitorFS Monitorを使用してファイル監視を行うことで、Gitコマンドが高速化する

インストール完了後に行われる操作の設定をします。

項目実行されるコマンド
Launch Git BashGit Bashを起動する
View Release Notesブラウザが立ち上がり、Gitのリリースノートが開かれる

インストールが完了したら、Windowsマークの左にある検索バーでGit Bashと入力しアプリを開きます。

ターミナルが起動するので、下記のコマンドを実行して正しくインストールされているか確認しましょう。
git version
>> git version 2.35.1.windows.2

以上でWindowsにGitをインストール手順が終了です。

MacにGitをインストールする手順

MacにはデフォルトでGitがインストールされています。
今から解説することはMacに正しくGitがインストールされているか確認する作業になります。

下記のコマンドをターミナル上で実行してください。
git version
>> git version 2.32.0

コマンドを実行すると、「git version x.xx.x」と表示がされます。
gitをインストールするタイミングや環境によってバージョンが異なりますので上記に記載されている「2.32.0」は気にしないで大丈夫です。

まとめ

今回はWindowsとMacにGitをインストールする方法について解説しました。

Gitとセットで使われることが多いGitHubの登録をまだしていない方や、GitとGitHubを実際に使ってみたいという方向けに下記の記事でGitHubの登録方法についてとリポジトリの作成からpushまでの一連の流れを別記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村