Git

【Git】現在の変更状況を確認する方法|git statusコマンド

こちらの記事では、Gitで現在の変更状況を確認することができる、git statusコマンドについて詳しく解説しています。

先輩くん
先輩くん
Gitのインストールをしていない人はこちらの記事を参考にしてください!

Gitの学習におすすめ参考書
改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

本書情報
著者湊川 あい
発売日2021/6/12
ページ数280ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(84件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

動画情報
作成者山浦 清透
学習時間5.5時間
受講者数40,161人
レビュー (7,512件)
動画の詳細はこちら

git statusコマンドの使い方

現在の変更状況を確認するには、「git status」コマンドを使います。
git statusで確認できる箇所は「ワークツリー(自分の作業場所)とステージ間」と「ステージとリポジトリ間」になります。

基本的な使い方は以下の通りです。
git status
ステージ・コミット追加する前に一度状況を確認しよう

ステージやコミットにファイルやディレクトリを追加する前に、git statusコマンドで現在の変更状況を確認することが大事です。

その理由は、追加するファイルが正しいことか確認するためです。
本来であれば、コミットさせるべきではないファイルも一緒に追加していますと履歴が分からない状況になってしまう可能性があります。

実際にgit statusを使ってみよう

それでは、実際にgit statusコマンドを色々なタイミングで使ってみましょう。

試しにファイルを何も作成していない状態で、git statusコマンドを実行します。
git status

On branch master
nothing to commit, working tree clean

ファイルの追加や修正などを行っていない状態だと「nothing to commit, working tree clean」という表示がされます。
これはコミットするものがなく、ワークツリーがクリーンな状態になります。

続いて、新規で1つindex.htmlファイルを作成し、git statusコマンドを実行してみます。
git status

On branch master
Untracked files:
  (use "git add ..." to include in what will be committed)
	index.html

先程とは異なり「Untracked files:」という表示がされています。
これは、未追跡のファイルという意味でステージにアップされていない新規のファイルがあるということです。

次にindex.htmlファイルをステージにアップしてみましょう。ステージにアップするためには「git add」コマンドを使います。
git add index.html
再度git statusコマンドを実行して、表示を確認してみましょう。
git status

On branch master
Changes to be committed:
  (use "git restore --staged ..." to unstage)
	new file:   index.html

ステージにファイルをアップすると「Changes to be committed:」という表示がされます。
これはコミットすべきファイルがあるという意味で、中を確認すると「new file: index.html」があり、先程追加したindex.htmlファイルがcommitできる状態ということが分かります。

最後にファイルをコミットした場合の状況も確認しましょう。
ステージにあるファイルをコミットするには、「git commit」コマンドを使います。
git commit -m "Add index.html"
ファイルをコミットしたら、git statusコマンドを実行します。
git status

On branch master
nothing to commit, working tree clean
コミットすべきものがなく、ワークツリーがクリーンな状態になっていることが確認できます。
以上で、git statusの使うタイミングの紹介は終わりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村