Git

【Git】リモートリポジトリの追加・変更・削除・リネームする方法|git remoteコマンド

本記事では、リモートリポジトリの追加・変更・削除・リネームすることができる、git remoteコマンドについて解説しています。

先輩くん
先輩くん
Gitのインストールをしていない人はこちらの記事を参考にしてください!

Gitの学習におすすめ参考書
改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

本書情報
著者湊川 あい
発売日2021/6/12
ページ数280ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(84件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

動画情報
作成者山浦 清透
学習時間5.5時間
受講者数40,161人
レビュー (7,512件)
動画の詳細はこちら

リモートリポジトリとは

リポジトリには大きく分けて「ローカルリポジトリ」「リモートリポジトリ」の2つに分けられます。
ローカルリポジトリとは、その名の通りローカルで作業するためのリポジトリです。ローカルリポジトリだけでは、複数人で開発する時ソースコードなどを共有することができないため、複数人が共有して使えるリポジトリが必要になります。この複数人が共有して使えるリポジトリがリモートリポジトリになります。

リモートリポジトリが作成できるWebサービスは「GitHub」「Bitbucket」「Backlog」などが挙げられます。
一番有名なGitHubは無料で使うことができるので、まだアカウント登録していない人はぜひ登録して触ってみてください。

リモートリポジトリのコマンド

リモートリポジトリの追加

リモートリポジトリを追加するには、git remote addコマンドは以下の通りです。
git remote add リモート名 リモートURL

リモート名は一般的にoriginを付けますが、別のリモート名を付けても問題ありません。登録したリモート名で、リモートリポジトリにpushしたり、ソースコードを取得したりします。
リモートURLは、リモートリポジトリの作成後に表示されるURLを使用します。

リモートリポジトリURL リモートリポジトリの追加をしたら、git remote -vコマンドで正しく追加されているか確認します。
origin https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (fetch)
origin https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (push)
originと書かれている箇所が設定したリモート名になり、それに紐づいているURLが表示されます。

リモートリポジトリのURL変更

リモートリポジトリを追加するときに誤って違うURLを登録してしまった場合は、git remote set-urlコマンドを使用することで登録したURLを修正することができます。
git remote set-url リモート名 変更したいURL
# URL変更前
git remote -v
origin	https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (fetch)
origin	https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (push)

# URL変更処理
git remote set-url origin https://github.com/GitHubAccount/sample-repository.git

# URL変更後
git remote -v
origin	https://github.com/GitHubAccount/sample-repository.git (fetch)
origin	https://github.com/GitHubAccount/sample-repository.git (push)

リモートリポジトリ名の変更

リモートリポジトリ名を変更したい場合、git remote renameコマンドを使います。
git remote rename 旧リモート名 新リモート名
# リモート名変更前
git remote -v
origin https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (fetch)
origin https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (push)

# リモート名変更処理
git remote rename origin test

# リモート名変更後
git remote -v
test https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (fetch)
test https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (push)

リモートリポジトリの削除

不要になったリモートリポジトリを削除する場合、git remote rmコマンドを使います。
git remote rm リモート名
# リモートリポジトリ削除前
git remote -v
origin https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (fetch)
origin https://github.com/GitHubAccount/test-repository.git (push)

# リモートリポジトリ削除処理
git remote rm origin

# リモートリポジトリ削除後
git remote -v
#表示がされない

まとめ

今回はリモートリポジトリの追加・削除・リネームする方法について解説しました。
Gitを用いた開発では、ほとんどの場合リモートリポジトリを使用するので学んだ内容をしっかり覚えておきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村