Git

【Git】ファイルの変更を取り消す方法

本記事ではファイルの変更を取り消すことができる、git checkoutコマンドについて解説しています。

先輩くん
先輩くん
本記事ではGitを使用します。
Gitのインストールをしていない人はこちらの記事を参考にしてください!

Gitの学習におすすめ参考書
改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

本書情報
著者湊川 あい
発売日2021/6/12
ページ数280ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(84件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

動画情報
作成者山浦 清透
学習時間5.5時間
受講者数40,161人
レビュー (7,512件)
動画の詳細はこちら

ワークツリーの変更を取り消す

git checkoutは、ブランチを切り替えたい時に使われるコマンドですが、それ以外にもワークツリー(自分の作業場所)で編集したファイルを編集する前の元の状態に戻すことができます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
Gitはどのようにしてワークツリー内のファイルを元の状態に戻しているんですか?
先輩くん
先輩くん
ステージにあるファイル情報をワークツリーに反映させることで元のファイル状態に戻しているよ!

ファイルを元の状態に戻す

ファイルを元の状態に戻すには、–の後に元の状態に戻したい「ファイル名」を指定します。
git checkout -- filename
豆知識

Gitでは主に「-」を使いますが、ファイルを元の状態に戻すときは「–」を使っている理由は、ブランチ名とファイル名が同じだった場合Git側がどちらを指定しているのか正しく認識できるよう分けています。

ディレクトリを元の状態に戻す

ディレクトリを元の状態に戻すには、–の後に元の状態に戻したい「ディレクトリ名」を指定します。
git checkout -- directoryname

全ての変更を元の状態に戻す

現在いるディレクトリ配下の変更を全て元の状態に戻すには、–の後に「.」を指定します。
注意点として、現在いるディレクトリより上の階層にあるファイルの変更は取り消すことができません。
git checkout -- .

【実践】ファイルを元の状態に戻す流れ

それでは実際にワークツリー内のファイルを元の状態に戻す流れを紹介します。
既にステージにファイル情報(sample.txt)がある前提で解説していきます。ステージのファイル情報は以下の通りです。
テキスト1
まず始めにファイルに1行テキストを追加します。
テキスト1
テキスト2 #新規追加
git statusコマンドで現在の状況を確認してみましょう。
git status

On branch master
Changes not staged for commit:
  (use "git add <file>..." to update what will be committed)
  (use "git restore <file>..." to discard changes in working directory)
	modified:   sample.txt

no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")
sample.txtが変更されていることが確認できました。
それでは、git checkoutコマンドを使ってワークツリーで変更したファイルを元の状態に戻してみましょう。
git checkout -- sample.txt
sample.txtの中を確認してみると、「テキスト2」が削除され「テキスト1」のみ表示されていることが確認できます。
テキスト1

以上が、ワークツリー内のファイルを元の状態に戻す一連の流れになります。

参考記事

Git公式ドキュメント

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村