WordPress

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定

本記事では、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定について解説しています。

WordPressの学習におすすめ参考書
1冊ですべて身につくWordPress入門講座

本書情報
著者Mana
発売日2022/3/22
ページ数344ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(51件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、WordPress テーマ開発講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間13.5時間
受講者数22,731人
レビュー (3,771件)
動画の詳細はこちら

自分のアクセスを除外した方が良い理由

自分のアクセスを除外することを推奨する理由の一番は、正しいデータ計測が取れないという点です。

サイトの運営者は、コンテンツのアップロード確認や見直しなどほぼ毎日自分のサイトにアクセスしています。
このアクセスがアナリティクスに1ユーザーとしてカウントされてしまい正しいデータを計測することができません。

例えば、ほとんどアクセスのないページに対してサイト運営者が毎日アクセスを繰り返した場合ページビュー数はどんどんカウントされていくことになります。
本来アクセスが少ないページですが、アクセスされていると勘違いしてしまいこのページに対して何か施策を行った場合、無意味な結果になってしまいます。

このような理由から、正しくデータ分析をするためには自分のアクセスを除外することが推奨されています。

自分のアクセスを除外する手順

自分のアクセスを除外する方法は大きく分けての「IPアドレスを指定する」「Chromeの拡張機能(オプトアウトドメイン)を使う」2つの方法があります。

IPアドレス指定のメリット

Googleアナリティクスのフィルタ機能を使うことで、簡単に設定を行うことができます。
また、複数の端末のアクセス除外をする場合もその数だけ設定をすれば良く、社内からのアクセス除外の場合自社のIPアドレスを1つ除外するだけで社内からのアクセスを計測されないようにすることができます。

IPアドレス指定のデメリット

スマートフォンの場合、IPアドレスが固定ではないため除外設定をすることができません。 そのため、スマートフォンの場合専用のアプリをインストールして設定する必要があります。

オプトアウトドメインのメリット

ブラウザにオプトアウトドメインの拡張機能をインストールするだけで、簡単に除外設定をすることができます。

オプトアウトドメインのデメリット

サイトにアクセスする際に複数のブラウザを使用する場合、ブラウザごとにオプトアウトドメインをインストールする必要があります。
IPアドレスと同様に、スマートフォンの場合専用のアプリをインストールして設定する必要があります。

パソコンからのアクセス

IPアドレスで除外設定する手順

先輩くん
先輩くん
2021年7月から「Googleアナリティクス4(GA4)」がデフォルトになったため、他のサイトで紹介されている方法と異なります。

まず始めに自分のパソコンのIPアドレスを確認します。
サーバー監視/ネットワーク監視サービスのIPアドレス確認を利用します。
ページにアクセスすると、「あなたの利用しているIPアドレス」が表示されるのでコピーします。

次に、Googleアナリティクスの管理画面を開きます。
左下の歯車マークをクリックし、「プロパティ→データ ストリーム」を選択します。

Googleアナリティクス管理画面

すべてに表示されているデータ ストリームを選択します。

データ ストリーム画面

ページの最後にある「タグ付けの詳細設定」を選択します。

データ ストリーム詳細画面

内部トラフィックの定義」を選択します。

タグ付けの詳細設定

内部トラフィックルール内の「作成」をクリックします。

内部トラフィックの定義

内部トラフィックのルールを作成します。ここの設定で除外したいIPアドレスの設定を行います。

必要事項を入力します。記入例は下記に記載しています。

内部トラフィックルールの作成
記入例

  1. ルール名:パソコン除外
  2. traffic_typeの値:internal
  3. マッチタイプ:IPアドレスが次と等しい
  4. 値:192.168.1.20(除外したいIPアドレス)

内部トラフィックの定義
内部トラフィックの定義に先程作成したルールが追加されていれば、除外設定は完了です。

オプトアウトドメインで除外設定する手順(Google Chrome)

Chrome Storeで 「Google Analytics オプトアウト アドオン」で検索、またはこちらのリンクをクリックしてください。

検索結果の一番上に表示されている「Google Analytics オプトアウト アドオン(by Google)」を選択します。

Google Analytics オプトアウト アドオンの検索結果

インストール画面に移動するので、右上の「Chromeに追加」をクリックします。

Google Analytics オプトアウト アドオン(by Google)のインストール
追加した拡張機能をONにすれば、アナリティクスのアクセスデータが除外することができます。

スマートフォンからのアクセス

初めに説明した通り、スマートフォン・タブレットなどの端末からのアクセスはパソコンと異なり専用のアプリをインストールする必要があります。

iOS端末は「AdFilter」、Android端末は「Adblocker」をインストールしてください。

まとめ

本記事ではGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定についてご紹介しました。
Google Analyticsの登録が完了したら、アクセス解析データをより正確なものにしWebマーケティングをしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村