PHP

【PHP】変数の宣言と値を代入する方法

本記事では、PHPの変数宣言と値を代入する方法について解説しています。

PHPの学習におすすめ参考書
気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

本書情報
著者谷藤 賢一
発売日2017/3/6
ページ数331ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(168件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、PHP+MySQL(MariaDB)入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間11時間
受講者数24,526人
レビュー (4,518件)
動画の詳細はこちら

変数宣言と値の代入

変数宣言と値を代入する記述の仕方は以下のとおりです。

$変数名 = 値;

変数の前に「$」マークを付けます。これで$マーク以降に記述された文字は変数として扱うことが出来ます。宣言された変数に対して値を代入するには「=」の後に代入したい値を記述します。

変数宣言と値を代入するサンプルコードは以下のとおりです。

<?php 
$fruits = 'Apple';
echo $fruits;
?>

変数名に2つ以上の単語を使う時

変数名に2つ以上の単語を使う時、小文字同士の単語を並べると非常に変数名が分かりづらくなってしまいます。

$fruitsname = "Apple";
$fruitsprice = 200;

このような場合「スネークケース」「キャメルケース」の2つの命名規則に従って変数名を記述します。

$fruits_name = "Apple"; // スネークケース
$fruitsPrice = 200; // キャメルケース

スネークケースは単語と単語の間に「_」を付け、キャメルケースは2つ目以降の単語の頭文字を大文字で記述します。

チーム開発では、あらかじめ変数名は「〇〇ケース」で書いてくださいと共有されるかコーディング規約のようなものがあるので、それに従います。個人で開発している人は、スネークケース・キャメルケースの使いやすい方を選べば大丈夫です。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村