【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

【PHP】変数の宣言と値を代入する方法

本記事では、PHPの変数宣言と値を代入する方法について解説しています。

PHPの学習におすすめ書籍
独習PHP 第4版
総合評価
( 5 )
メリット
  • PHPの基本構文からクラス・データベース連携・セキュリティまで学べる
  • PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックを学べる
楽天ブックス
¥3,740 (2024/04/16 01:40時点 | 楽天市場調べ)
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
目次

変数宣言と値の代入

変数宣言と値を代入する記述の仕方は以下のとおりです。

$変数名 = 値;

変数の前に「$」マークを付けます。これで$マーク以降に記述された文字は変数として扱うことが出来ます。宣言された変数に対して値を代入するには「=」の後に代入したい値を記述します。

変数宣言と値を代入するサンプルコードは以下のとおりです。

<?php 
$fruits = 'Apple';
echo $fruits;
?>

変数名に2つ以上の単語を使う時

変数名に2つ以上の単語を使う時、小文字同士の単語を並べると非常に変数名が分かりづらくなってしまいます。

$fruitsname = "Apple";
$fruitsprice = 200;

このような場合「スネークケース」「キャメルケース」の2つの命名規則に従って変数名を記述します。

$fruits_name = "Apple"; // スネークケース
$fruitsPrice = 200; // キャメルケース

スネークケースは単語と単語の間に「_」を付け、キャメルケースは2つ目以降の単語の頭文字を大文字で記述します。

チーム開発では、あらかじめ変数名は「〇〇ケース」で書いてくださいと共有されるかコーディング規約のようなものがあるので、それに従います。個人で開発している人は、スネークケース・キャメルケースの使いやすい方を選べば大丈夫です。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次