【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

PHPで変数の中身を確認する方法(var_dump)

本記事では、PHPで変数の中身を確認することができるvar_dumpの使い方について解説しています。

PHPの学習におすすめ書籍
独習PHP 第4版
総合評価
( 5 )
メリット
  • PHPの基本構文からクラス・データベース連携・セキュリティまで学べる
  • PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックを学べる
楽天ブックス
¥3,740 (2024/07/09 12:48時点 | 楽天市場調べ)
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
目次

変数の中身を確認する

PHPで変数の中身を確認する場合、var_dumpを使います。var_dumpとは、変数に格納されている値や設定した値の情報を表示する関数です。

var_dump(変数名);

変数の中身が数値の場合

変数の中身が数値の場合、var_dumpがどのような結果を表示するのか確認してみましょう。

<?php 
$num = 100;
var_dump($num);
?>
var_dump(数値)の実行結果
var_dump(数値)の実行結果

intとは、integerの頭文字を取ったもので整数型を表します。()内に書かれている数値は変数に代入されている値です。

今回は変数に100を代入しているので、「int(100)」の結果が表示されます。

変数の中身が文字列の場合

変数の中身が文字列の場合、var_dumpがどのような結果を表示するのか確認してみましょう。

<?php 
$str = "Hello World";
var_dump($str);
?>
var_dump(文字列)の実行結果
var_dump(文字列)の実行結果

stringとは、文字列型を意味します。()内に書かれている数値は文字列の長さを表しており、空白もカウントされます。最後に記述されている文字列が、変数に代入されている値となります。

今回は変数にHello Worldを代入しているので、空白を含めた11文字の「string(11) “Hello World”」の結果が表示されます。

変数の中身がtrueまたはfalseの場合

変数の中身がtrueまたはfalseの場合、var_dumpがどのような結果を表示するのか確認してみましょう。

<?php 
$bool1 = true;
$bool2 = false;
$num = 100;

var_dump($bool1);
var_dump($bool2);
var_dump($num === 100);
?>
var_dump(真偽値)の実行結果
var_dump(真偽値)の実行結果

boolとは、booleanの略で真偽値を表しています。()内に書かれている文字は変数内の値がtrueの場合はtrueを表示し、falseの場合はfalseを表示します。また、等価演算子で比較した場合も結果が一致であればtrueを結果が異なればfalseを表示します。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次