【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

MAMPでエラーが表示されないときの対処法

本記事では、MAMPでエラー内容が表示されないときの対処法について解説しています。

PHPの学習におすすめ書籍
独習PHP 第4版
総合評価
( 5 )
メリット
  • PHPの基本構文からクラス・データベース連携・セキュリティまで学べる
  • PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックを学べる
楽天ブックス
¥3,740 (2024/07/09 12:48時点 | 楽天市場調べ)
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
目次

エラー表示の設定を変更する

MAMPのデフォルト設定では、エラーがディスプレイ上に表示されない設定になっています。これを修正するには、php.iniファイルを変更する必要があります。

現在使用しているphp.iniファイルを探すには、phpinfo関数を使います。

<?php phpinfo();

phpinfo関数を記述したファイルにアクセスすると、PHPの設定情報が出力されたページが表示されます。

PHPの設定情報

php.iniファイルがある場所は「Loaded Configuration File」に記載されているので、文字列検索で該当の場所まで移動してください。

記載されているパスを辿りphp.iniファイルを開いてください。

php.iniファイル

php.iniファイルで「display_errors」と文字列検索します。

370行目付近に「display_errors = off」と設定されているので、それを「on」に変更し保存します。MAMPを再起動すると、エラー内容がディスプレイ上に表示されます。

注意点
  • コードの先頭に「;」が付いているものはコメントアウトです。そこを変更しても設定内容は変わらないので注意しましょう。
  • php.iniファイルは自動更新されないので、設定を反映するためにMAMPの再起動は必ず行ってください。
先輩くん

以上で、MAMPでエラーが表示されないときの対処が完了だよ。お疲れ様でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次