PHP

【PHP】Cookieの有効パスを変更する方法

本記事では、PHPでCookieの有効パスを変更する方法について解説しています。

PHPの学習におすすめ参考書
気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる!

本書情報
著者谷藤 賢一
発売日2017/3/6
ページ数331ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(168件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、PHP+MySQL(MariaDB)入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間11時間
受講者数24,526人
レビュー (4,518件)
動画の詳細はこちら

Cookieの有効パスを変更

Cookieの有効パスを変更するには、Cookie情報に登録されているPathを変更する必要があります。Pathを変更する方法は以下のとおりです。

<?php
setcookie('name', value, [
    'path' => '有効範囲',
]);
?>

第三引数に連想配列を設定し、keyに「path」を指定し値にはCookieを有効にしたい範囲のpathをセットします。

実際にpathを設定したらどのようにCookie情報が変更されるのか確認してみましょう。まずはpathの値を何もセットしていない状態のCookie情報を確認します。

<?php
setcookie('COUNT', 1);
?>
path変更前
path変更前

今回phpを実行しているファイルはtestディレクトリに置かれているため、セットされているpathは「/test」となります。

これにpath => ‘/’をセットしたCookie情報を確認してみましょう。

<?php
setcookie('COUNT', 1, [
    'path' => '/',
]);
?>
path変更後
path変更後

すると、セットされているpathが「/」になりページ全体で有効なCookieになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村