【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

【PHP】配列の値が何回出現したかカウントする方法

本記事では、PHPで配列の値が何回出現したかカウントする方法について解説しています。

PHPの学習におすすめ書籍
独習PHP 第4版
総合評価
( 5 )
メリット
  • PHPの基本構文からクラス・データベース連携・セキュリティまで学べる
  • PHPによるWebアプリ開発の基礎・基本テクニックを学べる
楽天ブックス
¥3,740 (2024/05/21 10:58時点 | 楽天市場調べ)
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
目次

array_count_values関数の使い方

配列の値が何回出現したかカウントしたい場合は、array_count_values関数を使用します。基本的な使い方は以下のとおりです。

$result = array_count_values($array);
構文解説
  • $result:$arrayに指定した配列の値が何回出現したかカウントしたものを連想配列の形式で代入される
  • $array:カウントしたい対象の配列を指定

$arrayに指定する配列要素は文字列または数値のみです。それ以外の要素が一つでも存在すると以下のエラーが返されます。

Warning: array_count_values(): Can only count string and integer values, entry skipped

array_count_values関数を使用して、配列の値が何回出現したかカウントするサンプルコードを用意したので、動作確認してみましょう。

<?php
$strArr = ['A', 'B', 'C', 'A', 'D', 'E', 'B', 'A'];

$result = array_count_values($strArr);
var_dump($result); // array(5) { ["A"]=> int(3) ["B"]=> int(2) ["C"]=> int(1) ["D"]=> int(1) ["E"]=> int(1) }

戻り値が代入されている変数$resultの中身を確認すると、連想配列の形式になっていることが確認できます。keyが配列要素の値でvalueがkeyの出現回数を表しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次