Node.js

【Node.js】ローカルサーバーを自動更新する(nodemon)

Node.jsで処理を変更・追加・修正した時に、毎回サーバーを一度停止させ再度サーバーを立ち上げるのはとても手間が掛かりますよね。そこで、本記事では対象ファイルを更新すると自動でローカルサーバーを更新してくれるnodemonのインストールから使い方について解説しています。

Node.jsの学習におすすめ参考書
Node.js超入門 第3版

本書情報
著者掌田 津耶乃
発売日2020/7/18
ページ数480ページ
Kindle版
(電子書籍)
レビュー
(Amazon)
(44件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
【初心者向け】初めてのNode.js入門。Expressフレームワークを用いた本格Webサーバー構築やJSONを学ぼう!

動画情報
作成者浜田 篤
学習時間2.5時間
受講者数1,104人
レビュー (203件)
動画の詳細はこちら

nodemonで自動更新する手順

nodemonのインストール

Node.jsのローカルサーバーを自動更新するには、nodemonをインストールする必要があります。

下記のコマンドを実行するとnodemonをインストールすることが出来ます。

○npmでインストール

▼グローバルインストール
npm install -g nodemon
▼ローカルインストール
npm install --save-dev nodemon
○yarnでインストール

▼グローバルインストール
yarn global add nodemon
▼ローカルインストール
yarn add nodemon -D

上記コマンドを実行したら、正しくnodemonがインストールされているか確認します。

nodemon -v
nodemonインストール確認
nodemonインストール確認

nodemon -vコマンドを実行すると、インストールしたnodemonのバージョンが返されます。

nodemonでファイルを実行

nodemonのインストールが完了したら、実際に使ってみましょう。使い方はとても簡単で、nodemonの後に半角スペースを空け監視したい対象ファイルを指定します。

nodemon 対象ファイル

試しに、index.jsファイルを作成しnodemonコマンドで編集が自動更新されるか確認してみましょう。

console.log("nodemon実行中!!");

nodemonで監視対象のindex.jsファイルを指定します。

nodemon index.js
nodemonの実行
nodemonの実行

すると、ターミナルに「nodemon実行中!!」が出力されていることが確認出来ます。続いて、index.jsファイルの中身を編集してみましょう。

console.log("nodemon更新!!");
nodemonの更新
nodemonの更新

すると、コマンドを再実行することなく内容が更新され出力されていることが確認出来ます。このようにnodemonコマンドを使うことで開発スピードをアップすることが出来ます。

nodemonを停止したい時は、Node.jsを中断する時と同様に「control + c」を同時押しします。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村