Express

【Express】存在しないページにアクセスした時のルーティング設定

本記事では、Expressで存在しないページにアクセスした時のルーティング設定の方法について解説しています。

Node.js / Expressの学習におすすめ参考書
Node.js超入門 第3版

本書情報
著者掌田 津耶乃
発売日2020/7/18
ページ数480ページ
Kindle版
(電子書籍)
レビュー
(Amazon)
(44件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
【初心者向け】初めてのNode.js入門。Expressフレームワークを用いた本格Webサーバー構築やJSONを学ぼう!

動画情報
作成者浜田 篤
学習時間2.5時間
受講者数1,104人
レビュー (203件)
動画の詳細はこちら

存在しないページのルーティング設定

ルーティング設定に該当しないページにユーザーがアクセスした時に、何かしらのページを表示させたい場合は以下のように記述します。

app.get("*", (req, res) => {
  /* 処理を記述 */
});

パスを指定する第一引数にワイルドカードの「*」を設定します。すると、ルーティング設定していないパスにアクセスした時に処理が実行されます。

注意点として、ルーティング設定の最後に設定する必要があります。その理由は、ルーティングは上から順にマッチしたものを表示させるため、先頭やルーティングとルーティングの間に設定してしまうと後続に記述されているものに一切該当しなくなります。

const express = require("express");
const app = express();

/*** ▼NG設定 ***/
app.get("*", (req, res) => {
  res.send("<h1>存在しないページ</h1>");
});

app.get("/contact", (req, res) => {
  res.send("<h1>Contact</h1>");
});

app.get("/", (req, res) => {
  res.send("<h1>Top</h1>");
});


/*** ▼OK設定 ***/
app.get("/contact", (req, res) => {
  res.send("<h1>Contact</h1>");
});

app.get("/", (req, res) => {
  res.send("<h1>Top</h1>");
});

app.get("*", (req, res) => {
  res.send("<h1>存在しないページ</h1>");
});

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村