JavaScript

【JavaScript】変数と文字列を結合する2つの方法

本記事では、JavaScriptで文字列と変数を結合する2つの方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

演算子で結合

変数と文字列を結合する1つ目の方法は、演算子の「+」を使用します。

const name = "田中太郎";
const age = 20;
console.log("私の名前は" + name + "です。年齢は" + age + "歳です。"); // -> 私の名前は田中太郎です。年齢は20歳です。

ダブルクォーテーションまたはシングルクォーテーションで囲われている文字列内に変数名を記述した場合、それはただの文字列として扱われるので注意しましょう。

テンプレートリテラルで結合

変数と文字列を結合する2つ目の方法は、テンプレートリテラルを使用します。

const name = "田中太郎";
const age = 20;
console.log(`私の名前は${name}です。年齢は${age}歳です。`); // -> 私の名前は田中太郎です。年齢は20歳です。

若干分かりにくいですが、文字列と変数名を囲っているのはシングルクォーテーションではなくバッククォート(“)です。バッククォートで囲われたものはテンプレートリテラルとして認識され、その中で変数名を使用する場合は${変数名}の形で記述します。

結合したい変数名が多い場合、ダブルクォーテーションやシングルクォーテーションでは、コードが見づらくなってしまうためテンプレートリテラルを使用することをおすすめします。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村