JavaScript

【JavaScript】前後のスペースを削除する方法

本記事では、JavaScriptで文字列の前後に余分なスペースが入った時の削除する方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

trimの使い方

JavaScriptで前後のスペースを削除するには、trimメソッドを使用します。使い方は以下のとおりです。

文字列.trim();
trimの使い方
  • 文字列:前後のスペースを削除したい文字列を指定
const str = "  JavaScriptは奥が深い..  ";
const strConversion = str.trim();
console.log(strConversion); // -> JavaScriptは奥が深い..

全角スペース・改行・タブも削除される

文字列の前後に半角スペース以外の「全角スペース」「改行」「タブ」が入っている場合も、trimメソッドによって削除されます。

const str = "\nJavaScriptは奥が深い..\t";
const strConversion = str.trim();
console.log(strConversion); // -> JavaScriptは奥が深い..
エスケープシーケンス
  • \t:タブを意味する
  • \n:改行を意味する

文字列内のスペースは削除されない

trimメソッドは、前後のスペースを削除することは出来ますが、文字列と文字列の間に存在するスペースは削除されません。

const str = "JavaScript は\t奥が深い..";
const strConversion = str.trim();
console.log(strConversion); // -> JavaScript は	奥が深い..

ブラウザ対応状況

trimメソッドのブラウザ対応状況は以下のとおりです。

デバイス ブラウザ サポート
Chrome 4
Edge 12
FireFox 3.5
Internet Explorer 10
Opera 10.5
Safari 5
WebView Android 37
Chrome Android 18
FireFox for Android 4
Opera Android 11
Safari on iOS 5
Samsung Internet 1.0

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村