JavaScript

【JavaScript】現在のページをリロード(再読み込み)する方法

本記事では、JavaScriptで現在のページをリロード(再読み込み)する方法について解説しています。

ITエンジニア特化の転職サイト!
自社内開発求人に強い【クラウドリンク】

先輩くん
先輩くん
年収、休日数、労働環境等クラウドリンクが審査し、これらを通過した優良求人情報のみ紹介しているよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
100%自社内開発の求人だから、SESのように職場環境が変わらないのがいいね!
簡単30秒で無料登録!

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

ページをリロードする

現在のページをリロードさせるには、windowオブジェクトで用意されているreloadメソッドを使用します。

window.location.reload();

windowオブジェクトなので、下記のようにwindowを省略して記述することも可能です。

location.reload();

reloadメソッドに引数を設定する必要はありません。reloadメソッドが呼ばれたタイミングでページの再読み込みがされます。

reloadメソッドのサンプルコード

reloadメソッドを使ったサンプルコードを見てみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title>Document</title>
  </head>
  <body>
    <p>現在の時刻:<span id="output"></span></p>
    <button id="btn">リロードする</button>
    <script>
      document.addEventListener("DOMContentLoaded", function () {
        const output = document.getElementById("output");
        const now = new Date();
        const nowHour = now.getHours();
        const nowMin = now.getMinutes();
        const nowSec = now.getSeconds();
        const msg = nowHour + ":" + nowMin + ":" + nowSec;
        output.innerHTML = msg;

        const btn = document.getElementById("btn");
        btn.addEventListener("click", function () {
          window.location.reload();
        });
      });
    </script>
  </body>
</html>
ページ読み込み時の表示
ページ読み込み時の表示

ページを読み込むと現在時刻が表示されます。現在時刻の下に置かれている「リロードする」ボタンをクリックすると、

ボタンクリック後の表示
ボタンクリック後の表示

reloadメソッドが実行され現在時刻が更新されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村