JavaScript

【JavaScript】遷移元(直前)のURLを取得する方法

本記事では、JavaScriptで遷移元(直前)のURLを取得する方法と遷移元のURLで条件分岐する方法について解説します。

このテクニックを使うことで、特定のページからアクセスしてきたユーザーに対してのみ処理を実行することなどが可能になります。

ITエンジニア特化の転職サイト!
自社内開発求人に強い【クラウドリンク】

先輩くん
先輩くん
年収、休日数、労働環境等クラウドリンクが審査し、これらを通過した優良求人情報のみ紹介しているよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
100%自社内開発の求人だから、SESのように職場環境が変わらないのがいいね!
簡単30秒で無料登録!

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

遷移元のURLを取得する方法

遷移元のURLを取得するには、document.referrerを使います。

const ref = document.referrer

document.referrerを使って条件分岐をする

それでは実際にdocument.referrerを使って条件分岐処理を書いていきましょう。

下記のサンプルコードでは、遷移元がChromeの場合を想定しています。

const ref = document.referrer

if(ref.indexOf('google.com') !== -1){
  // 遷移元がGoogleの時だけ実行したい処理
} else{
  // それ以外
}

遷移元のURLが複数ある場合(実行したい処理は同じ)

遷移元のURLが複数あり、実行したい処理が同じ場合は下記のようなコードを書きます。

const ref = document.referrer

if(ref.indexOf('google.com') !== -1 || ref.indexOf('yahoo.co.jp') !== -1){
  // 遷移元がGoogleとYahooの時だけ実行したい処理
} else{
  // それ以外
}

遷移元のURLが複数ある場合(実行したい処理は違う)

遷移元のURLが複数あり、実行したい処理が違う場合は下記のようなコードを書きます。

const ref = document.referrer

if(ref.indexOf('google.com') !== -1){
  // 遷移元がGoogleの時だけ実行したい処理
} else if(ref.indexOf('yahoo.co.jp') !== -1){
  // 遷移元がYahooの時だけ実行したい処理
} else{
  // それ以外
}

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村