React

【React】導入手順について画像付きで分かりやすく解説

本記事では、Reactの導入手順について画像付きで分かりやすく解説しています。Reactを触りたいけど開発環境が構築できない方は、ぜひこちらの記事をご参考ください。

Reactの学習におすすめ参考書
モダンJavaScriptの基本から始める React実践の教科書

本書情報
著者岡田 拓巳
発売日2021/9/17
ページ数272ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(152件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
モダンJavaScriptの基礎から始める挫折しないためのReact入門

動画情報
作成者岡田 拓巳
学習時間6時間
受講者数12,575人
レビュー (3,175件)
動画の詳細はこちら

React導入手順

Node.jsのインストール

まず、Reactで後ほど解説するcreate-react-appを使うにはNode.jsをインストールする必要があります。

こちらのNode.js公式ページにアクセスし、LTS(推奨版)と記載されているものをインストールします。

Node.jsインストール
Node.jsインストール
LTSとCurrentの違い
  • LTS(Long Time Support):長期間サポートされている
  • Current:Node.jsの開発者が新しく追加された機能を試す環境

node.jsをインストールしたら下記のコマンドを実行して正しくインストールができているか確認します。

npm -v

コマンドを実行してバージョン(例:6.13.4)が返ってきたら正しくインストールがされています。

以上で、Node.jsのインストールが完了です。

create-react-appで開発環境の作成

続いて、Reactの開発環境の構築をします。本来Reactの開発環境を一から構築する場合、BabelやWebpackなどの複雑な設定をする必要がありますが、create-react-appを使うことで簡単にReactの開発環境を構築することが可能です。

create-react-appを使えるバージョン
  • Node.js:10.16以上
  • npm:5.6以上
npx create-react-app 作成したいフォルダ名

上記コマンドを実行すると、Reactの開発環境が構築されたディレクトリが生成されます。

create-react-appコマンドの実行結果
create-react-appコマンドの実行結果

ファイル構成の確認

create-react-appで生成されたファイル構成は以下のとおりです。

ファイル構成一覧
  • src:JSXなどの開発用のファイルを配置
  • public:htmlファイルや画像ファイルなどを配置
  • build:npm run buildコマンドで生成される本番用ファイル

コマンドの確認

npm start

npm startは、ローカルサーバーを立ち上げるコマンドです。ホットリロードにも対応しているため、JSXファイルなどを更新し保存すると、ブラウザ側に反映されます。

npm run build

npm run buildは、srcディレクトリとpublicディレクトリのファイルを一つにバンドルしbuildディレクトリに出力するコマンドです。開発が完了しリリースするファイルを出力する時に使用します。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村