JavaScript

【JavaScript】オブジェクトに後からプロパティを追加する方法

本記事では、JavaScriptでオブジェクトに後からプロパティを追加する方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

オブジェクトにプロパティを追加する

オブジェクトにプロパティを追加するには以下のように記述します。

オブジェクト.プロパティ = "値";
オブジェクト["プロパティ"] = "値";

実際にオブジェクトにプロパティを追加してみましょう。

let person = {
    id:1,
    name:"John"
};

person.age = 25;
person["from"] = "America";

console.log(person); // -> {id:1,  name:"John",  age:25,  from:"America"}

console.logの結果を確認すると、後から追加したageプロパティとfromプロパティが対象のオブジェクトに追加されていることが確認できました。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村