JavaScript

【JavaScript】小数点以下を切り捨て・切り上げ・四捨五入する

本記事では、JavaScriptで小数点以下を切り捨て・切り上げ・四捨五入する方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

小数点以下を切り捨て

小数点以下を切り捨てにする場合、Math.floorを使用します。

Math.floor(num);

引数numには小数点を切り捨てにしたい数値を指定します。

console.log(Math.floor(3.255)); // -> 3
console.log(Math.floor(3.999)); // -> 3
console.log(Math.floor(-3.255)); // -> -4
console.log(Math.floor(-3.999)); // -> -4

小数点以下を切り上げ

小数点以下を切り上げにする場合、Math.ceilを使用します。

Math.ceil(num);

引数numには小数点を切り上げにしたい数値を指定します。

console.log(Math.ceil(0.85)); // -> 1
console.log(Math.ceil(5)); // -> 5
console.log(Math.ceil(6.105)); // -> 7
console.log(Math.ceil(-6.105)); // -> -6

小数点以下を四捨五入

小数点以下を四捨五入にする場合、Math.roundを使用します。

Math.round(num);

引数numには小数点を四捨五入にしたい数値を指定します。

console.log(Math.round(0.9)); // -> 1
console.log(Math.round(0.4)); // -> 0
console.log(Math.round(1.5)); // -> 2
console.log(Math.round(1.499)); // -> 1
console.log(Math.round(-1.5)); // -> -1
console.log(Math.round(-1.499)); // -> -1

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村