JavaScript

【JavaScript】Mapオブジェクトのキーと値を削除する方法

本記事では、JavaScriptでMapオブジェクトのキーと値を削除する方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂3版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

本書情報
出版社技術評論社
著者山田 祥寛
発売日2023/2/13
ページ数624ページ
レビュー
(Amazon)
(4件)
先輩くん
先輩くん
10万部突破したJavaScriptの本が大幅増補改訂し7年ぶりに発売されたよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
最新の基本文法から、開発に欠かせない応用トピックまで学ぶことが出来るよ!

綺麗なコードが書けるようになる!
リーダブルコード-より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

本書情報
出版社オライリージャパン
著者Dustin Boswell / Trevor Foucher
発売日2012/6/23
ページ数260ページ
レビュー
(Amazon)
(620件)
先輩くん
先輩くん
より良いコードを書きたい人におすすめの本だよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
10以上前の書籍ですが、内容は今でも役に立つものばかりです!

deleteメソッド

Mapオブジェクトのキーと値を削除するには、deleteメソッドを使用します。基本的な使い方は以下のとおりです。

let map = new Map();
let result = map.delete(key);
構文解説
  • map:新しく生成されたマップオブジェクト
  • result:boolean値が返される
  • key:削除したいキーを指定

resultに渡される戻り値は、削除に成功した場合trueが返され、失敗した場合はfalseが返されます。

実際に、deleteメソッドを使用してMapオブジェクトのキーと値を削除してみましょう。

let map = new Map([
  [1, "one"],
  [2, "two"],
  [3, "three"],
]);

let result = map.delete(1);
console.log(result); // => true
console.log(map); // => Map(2) {2 => 'two', 3 => 'three'}

削除したいペアは「[1, “one”]」なので、deleteメソッドのkeyに1を指定します。変数resultに代入された戻り値を確認するとtrueなので、削除に成功していることが分かります。最後にmapオブジェクトをコンソールログで見ると「1 => ‘one’」のペアが削除されていることが確認できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村