jQuery

jQuery.trim()で前後の空白を削除する

本記事では、jQueryで文字列の前後にある空白を削除する方法について解説しています。

jQueryの学習におすすめ参考書
jQuery最高の教科書

本書情報
著者株式会社シフトブレイン
発売日2013/11/26
ページ数320ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(93件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
即実践 手を動かして6時間でjQueryをマスターしよう。
知識、経験ゼロからjQueryを使いこなそう

動画情報
作成者村守 康
学習時間6時間
受講者数28,547人
レビュー (425件)
動画の詳細はこちら

jQuery.trim()の使い方

jQueryで前後の空白を削除するには、jQuery($).trimを使用します。使い方は以下のとおりです。

/** ▼どちらの書き方でもOK **/
jQuery.trim(str);
$.trim(str);
jQuery.trim()の使い方
  • str:前後に空白がある場合に削除した文字列を代入
const str = "  テスト ";
const strAfter = jQuery.trim(str);
console.log(strAfter); // -> テスト

改行・タブ・全角スペースも削除される

jQuery.trimでは、スペース以外にも「改行」「タブ」「全角スペース」で生まれた空白も削除されます。

const str1 = "\tテスト1\t";
const str1After = jQuery.trim(str1);
console.log(str1After); // -> テスト1

const str2 = "\nテスト2\n";
const str2After = jQuery.trim(str2);
console.log(str2After); // -> テスト2
\tタブを意味する
\n改行を意味する
エスケープシーケンス

文章中の空白は削除されない

jQuery.trimは、あくまで前後の空白を削除するためのメソッドなので、文章中に含まれる空白は削除しません。

const str = "我輩は 猫で ある";
const strAfter = jQuery.trim(str);
console.log(strAfter); // -> 我輩は 猫で ある

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村