jQuery

jQueryでクリックイベントの使い方(click)

本記事では、jQueryのクリックイベントの使い方・登録方法について解説しています。

jQueryの学習におすすめ参考書
jQuery最高の教科書

本書情報
著者株式会社シフトブレイン
発売日2013/11/26
ページ数320ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(93件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
即実践 手を動かして6時間でjQueryをマスターしよう。
知識、経験ゼロからjQueryを使いこなそう

動画情報
作成者村守 康
学習時間6時間
受講者数28,547人
レビュー (425件)
動画の詳細はこちら

クリックイベントの使い方

jQueryでクリックイベントを使うにはonメソッドを使う方法とclick()を使う方法があります。

$("要素").on("click",function(){
  /* 処理内容 */
});

$("要素").click(function(){
  /* 処理内容 */
});

onメソッドでクリックイベントを登録するには、第一引数に「click」を指定し第二引数に関数を指定します。イベント発生時の処理は、第二引数内の関数に書くまたは別の関数を定義して呼び出すことも可能です。

click()でクリックイベントを登録する場合は、引数に関数を指定します。イベント発生時の処理は、onメソッドと同様に引数内の関数に書くまたは別の関数を定義して呼び出すことが可能です。

<button id="trigger-btn">ボタン</button>
$("#trigger-btn").on("click",function(){
  console.log("クリックイベントが実行されました!");
})

onメソッドとclick()どちらを使うべき?

動的に生成された要素に対してイベント登録されている場合、onメソッドとclickの違いが出ます。onメソッドでは動的に生成された要素のイベントを検知することが出来ますが、click()では検知することが出来ません。機能面では、onメソッドの方が優れているため特別な理由がない限りはonメソッドを使うことをオススメします。

クリックイベントを使ったサンプルコード

クリックイベントを使った簡単なサンプルコードを紹介します。内容は、ボタンをクリックするたびにカウントが増え、クリックした回数をテキストに表示させます。

<button id="btn">カウントアップ!</button>
<p id="output">0回</p>
let count = 0;
$("#btn").on("click",function(){
  count++;
  $("#output").text(count + "回");
});

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村