jQuery

【jQuery】クラスを追加する方法(addClass)

本記事では、jQueryでクラスを追加する方法について解説しています。

jQueryの学習におすすめ参考書
jQuery最高の教科書

本書情報
著者株式会社シフトブレイン
発売日2013/11/26
ページ数320ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(93件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
即実践 手を動かして6時間でjQueryをマスターしよう。
知識、経験ゼロからjQueryを使いこなそう

動画情報
作成者村守 康
学習時間6時間
受講者数28,547人
レビュー (425件)
動画の詳細はこちら

addClass()の使い方

jQueryでクラスを追加するには、addClass()メソッドを使用します。

要素.addClass("クラス名");
addClass()の使い方

  • 要素:クラスを追加したい対象要素
  • クラス名:追加したいクラス名

複数のクラスを同時に追加

対象要素に対して、複数のクラスを追加したい時に以下のように記述するのはとても手間が掛かるのに加えコードの記述量が増え見づらくなってしまいます。

要素.addClass("クラス名1");
要素.addClass("クラス名2");
要素.addClass("クラス名3");

このような場合は、addClassに渡すクラス名を半角スペースで区切りることで同時に追加することが出来ます。

要素.addClass("クラス名1 クラス名2 クラス名3");

サンプルコード

クラス名を追加するサンプルコードを用意したので、実際にコードを動かして正しくクラス名が追加されているか確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title>Document</title>
    <style>
      #point {
        opacity: 0;
        transform: translateY(-100px);
        transition: all 0.5s;
      }
      #point.view {
        opacity: 1;
        transform: translateY(0);
      }
    </style>
  </head>
  <body>
    <p id="point">要素が出現!!</p>
    <button id="add">要素を表示する</button>
    <script
      src="https://code.jquery.com/jquery-3.6.0.min.js"
      integrity="sha256-/xUj+3OJU5yExlq6GSYGSHk7tPXikynS7ogEvDej/m4="
      crossorigin="anonymous"
    ></script>
    <script src="index.js"></script>
  </body>
</html>
$(function () {
  $("#add").on("click", function () {
    $("#point").addClass("view");
  });
});
ページ読み込み時の表示
ページ読み込み時の表示

ページ読み込み時の表示を確認すると、#pointの要素が表示されていません。その理由は、opacity:0を設定し要素を透明にしているためです。

addClass()メソッド実行時の表示
addClass()メソッド実行時の表示

ボタンをクリックすると、addClass()メソッドが実行され対象要素(#point)にviewクラスが付与されます。viewクラスにはopacity:1を設定しているため、透明だった要素が表示されます。Chromeの検証ツールを見るとclassにviewが追加されていることが確認出来ます。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村