JavaScript

【JavaScript】insertAdjacentHTMLを使ってテキストを追加する方法

こちらの記事では、insertAdjacentHTMLメソッドの使い方からテキストを追加する方法まで、サンプルコードを用いて分かりやすく解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

insertAdjacentHTMLの使い方

insertAdjacentHTMLは、テキストやコンテンツなどを追加する時に使用されるメソッドです。

第一引数に起点となる要素に対して追加したい位置を指定し、第二引数に追加したいテキストやコンテンツを記述します。

第一引数に指定する値
追加される位置
afterbegin要素内の先頭
beforeend要素内の末尾
beforebegin要素の直前
afterend要素の直後

テキストやコンテンツなどを追加する時に使用されることが多い、innerHTMLメソッドは既存の要素の中身を全て新しいものに書き換えるため、insertAdjacentHTMLメソッドの方が高速に動作することができます。

サンプルコード

<button id="add-btn">要素追加ボタン</button>
<div id="content-point">起点となる要素</div>

<script>
const addBtn = document.getElementById('add-btn');
const contentPoint = document.getElementById('content-point');

addBtn.addEventListener('click',function(){
  contentPoint.insertAdjacentHTML('afterbegin','<p>追加された要素</p>');
  contentPoint.insertAdjacentHTML('beforeend','<p>追加された要素</p>');
  contentPoint.insertAdjacentHTML('beforebegin','<p>追加された要素</p>');
  contentPoint.insertAdjacentHTML('afterend','<p>追加された要素</p>');
});
</script>

上記のサンプルコードでは、「要素追加ボタン」をクリックするとテキストが追加されます。

起点となる要素に対して枠線を表示させており、要素内にテキストが追加された枠内に表示され、要素外にテキストが追加された枠外に表示されます。

afterbeginの実行結果

起点となる要素


beforeendの実行結果

起点となる要素


beforebeginの実行結果

起点となる要素


afterendの実行結果

起点となる要素


ブラウザの互換性

insertAdjacentHTMLメソッドのブラウザ実装状況は、以下のとおりです。

デバイス ブラウザ サポート
Chrome 1
Edge 17
FireFox 8
Internet Explorer 部分サポート
Opera 8
Safari 4
WebView Android 37
Chrome Android 18
FireFox for Android 8
Opera Android 10.1
Safari on iOS 4
Samsung Internet 1.0

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村