JavaScript

【JavaScript】数値を2乗・3乗する方法

本記事ではJavaScriptで数値を2乗・3乗にする、べき乗の計算方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

数値をべき乗する

JavaScriptでべき乗の計算をする方法は以下のとおりです。

num ** x
  • num:べき乗したい数値を代入(4をべき乗させたい場合、4を代入)
  • x:べき乗させたい数を代入(3乗させたい場合、3を代入)

この方法を使わなくても単純に「num * num」などの計算で算出することは可能ですが、3乗・4乗となればコードが見づらくなりますし、他の開発者が見た時にこの処理は何をやっているの?と思われてしまいます。

サンプルコード

べき乗の計算をするサンプルコードを用意したので、実際にコードを動かして正しくべき乗されるか確認してみましょう。

function exponentiation(num, x) {
  console.log(`${num}の${x}乗の計算結果:${num ** x}`);
}

exponentiation(2, 3);
exponentiation(5, 4);
exponentiation(10, 2);
サンプルコード表示結果
サンプルコード表示結果

サンプルコード表示結果を確認すると、2の3乗は「2 * 2 * 2 = 8」、5の4乗は「5 * 5 * 5 * 5 = 625」、10の2乗は「10 * 10 = 100」と正しい計算結果が返されていることが分かります。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村