【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

Uncaught TypeError: Cannot (read set) property of nullの原因と対処法

本記事では、JavaScriptのエラーの一つUncaught TypeError: Cannot (read set) property ‘’ of nullが出た際の原因と対処法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ書籍
1冊ですべて身につくJavaScript入門講座
総合評価
( 5 )
メリット
  • 誰でも分かるように嚙み砕いて説明してくれる
  • アニメーションの知識が深く学べる
  • 1つのWebサイトを作りながら学べる
楽天ブックス
¥2,794 (2024/05/19 02:42時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
目次

エラーの原因と対処法

Cannot (read set) property ‘x’ of undefined、日本語に訳すと「nullのプロパティを読み取ることができません」という意味になります。このエラーはCannot read property ‘’ of undefinedと非常に良く似ており、nullの値を保持しているプロパティに対して何かしらの処理を実行させるとエラーが出力されます。

const elem = document.getElementById("sample-text1"); // ← null(存在しないid)
elem.textContent = "テスト"; // ← Uncaught TypeError: Cannot set properties of null (setting 'textContent')

上記のサンプルコードでは、取得してきた要素に対してテストの文字列を追加する処理ですが、取得してきた要素がそもそも存在しません。そのため、取得してきた要素の情報を代入している変数elemにはnullが代入され、その値を使ってテキストを追加しようとしている処理でエラーが発生します。

このようなエラーを出力させないようにするには、存在しないDOM要素を取得しないようにする、または下記のような条件分岐を使い取得してきた要素の値がnull以外の時(正しく取得している)にだけ、処理を実行させるようにします。

const elem = document.getElementById("sample-text1");
if (elem) {
  elem.textContent = "テスト";
}

Uncaught TypeErrorの関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次