JavaScript

【JavaScript】Uncaught TypeError: Found non-callable @@iteratorの対処法

オブジェクトが反復可能な状態でない時にスプレッド構文(…)を使って内容を確認すると「Uncaught TypeError: Found non-callable @@iterator」のエラーが表示されます。

本記事では、JavaScriptのエラー「Uncaught TypeError: Found non-callable @@iterator」が表示された時の対処法について解説しています。

ITエンジニア特化の転職サイト!
自社内開発求人に強い【クラウドリンク】

先輩くん
先輩くん
年収、休日数、労働環境等クラウドリンクが審査し、これらを通過した優良求人情報のみ紹介しているよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
100%自社内開発の求人だから、SESのように職場環境が変わらないのがいいね!
簡単30秒で無料登録!

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

エラーの対処法

エラーの対処はとても簡単でスプレッド構文を使う変数に対して{}で囲うだけです。

const sampleObj = {
  a: 1,
  b: 2,
};
console.log({ ...sampleObj }); // -> {a: 1, b: 2}
console.log(...sampleObj); // -> Uncaught TypeError: Found non-callable @@iterator

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村