JavaScript

【JavaScript】data属性の取得・追加・変更する方法

本記事では、JavaScriptでdata属性の取得・追加・変更する方法について解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ参考書
改訂新版JavaScript本格入門 ~モダンスタイルによる基礎から現場での応用まで

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ガチで学びたい人のためのWEB開発徹底実践(フロントエンド編)

動画情報
作成者CodeMafia
学習時間19.5時間
受講者数28,547人
レビュー (5,025件)
動画の詳細はこちら

data属性の操作

data属性の取得

data属性を取得する方法は以下のとおりです。

const elem = document.getElementById('sample'); // ①
elem.dataset.name; // ②
data属性の取得手順
  1. data属性を持つ対象の要素を取得
  2. datasetプロパティの後に取得したいdata属性名を指定

▼サンプルコードと実行結果

<p id="name1" data-name="yamada">山田</p>
const name1 = document.getElementById("name1");
console.log(`data-name属性の値:${name1.dataset.name}`);
サンプルコードの実行結果
サンプルコードの実行結果

data属性の追加

data属性を追加する方法は以下のとおりです。

const elem = document.getElementById('sample'); // ①
elem.dataset.name = "値"; // ②
data属性の追加手順
  1. data属性を追加したい対象の要素を取得
  2. datasetプロパティの後に追加したいdata属性名と値を指定

▼サンプルコードと実行結果

<p id="name2">鈴木</p>
const name2 = document.getElementById("name2");
name2.dataset.name = "suzuki";
サンプルコードの実行結果
サンプルコードの実行結果

data属性の変更

data属性の値を変更する方法は以下のとおりです。

const elem = document.getElementById('sample'); // ①
elem.dataset.name = "値"; // ②
data属性の変更手順
  1. data属性を変更したい対象の要素を取得
  2. datasetプロパティの後に変更したいdata属性名と値を指定

※data属性名が存在しない場合は、新しいデータ属性として追加されます。

▼サンプルコードと実行結果

<p id="name3" data-name="yamamoto">田中</p>
const name3 = document.getElementById("name3");
name3.dataset.name = "tanaka";
サンプルコードの実行結果
サンプルコードの実行結果

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村