【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

【JavaScript】クラスを削除する方法(classList.remove)

本記事では、JavaScriptでクラスを削除する方法について、サンプルコードを用いて分かりやすく解説しています。

JavaScriptの学習におすすめ書籍
1冊ですべて身につくJavaScript入門講座
総合評価
( 5 )
メリット
  • 誰でも分かるように嚙み砕いて説明してくれる
  • アニメーションの知識が深く学べる
  • 1つのWebサイトを作りながら学べる
楽天ブックス
¥2,794 (2024/05/19 02:42時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
目次

classList.removeの使い方

JavaScriptでクラスを削除するには、classList.removeを使用します。使い方は以下のとおりです。

要素.classList.remove("クラス名");
classList.removeの使い方
  • 要素:クラスを削除したい対象要素
  • クラス名:削除したいクラス名

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title>Document</title>
  </head>
  <body>
    <p id="point" class="sample">コンテンツ</p>
    <script src="index.js"></script>
  </body>
</html>
window.addEventListener("DOMContentLoaded", () => {
  const point = document.querySelector("#point");
  point.classList.remove("sample");
});

今回クラスを削除する対象要素は、pointのid名を持つpタグです。HTMLで直接sampleクラスを付与させ、ページ読み込みが完了したタイミングでclassList.removeを使用して、sampleクラスを削除します。

Chromeの検証ツールで対象要素を確認すると、class=”sample”が削除されていることが確認出来ます。

Chrome検証ツール
Chrome検証ツール

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次