HTML/CSS

【HTML】上付き文字と下付き文字を表示させる方法(sup,sub)

本記事では、上付き文字と下付き文字を表示させる方法について解説しています。この方法を知ることで、position:relativeやabsoluteを使用して位置を上下にずらす必要がなくなるので、コードの記述量が少なくなります。

HTML/CSSの学習におすすめ参考書
1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、HTML+CSS&JavaScript入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間9時間
受講者数43,706人
レビュー (9,232件)
動画の詳細はこちら

上付き文字(supタグ)

上付き文字を表示させるには、HTML5で登場したsupタグを使用します。使い方は以下のとおりです。

<sup>上付き文字</sup>

実際にsupタグを使用して、上付き文字がどのように表示されているのか確認してみましょう。

<p>WEBエンジニア Wiki<sup>*</sup></p>
<p>* WEBエンジニア向けの記事を掲載しているサイト</p>
supタグの表示結果
supタグの表示結果

Wikiの後ろに表示されている「*」が上付き文字として表示されていることが確認出来ます。

下付き文字(subタグ)

下付き文字を表示させるには、HTML5で登場したsubタグを使用します。使い方は以下のとおりです。

<sup>下付き文字</sup>

実際にsubタグを使用して、下付き文字がどのように表示されているのか確認してみましょう。

<p>水の化学式:H<sub>2</sub>O = H<sub>2</sub> + O<sub>2</sub></p>
subタグの表示結果
subタグの表示結果

化学式の「2」が下付き文字として表示されていることが確認出来ます。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村