HTML/CSS

【CSS】文字と文字の間隔を広く・狭くする方法(letter-spacing)

本記事では、CSSで文字と文字の間隔を広く・狭くする方法について解説しています。

HTML/CSSの学習におすすめ参考書
1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、HTML+CSS&JavaScript入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間9時間
受講者数43,706人
レビュー (9,232件)
動画の詳細はこちら

文字と文字の間隔を調整する

文字と文字の間隔を調整するには、letter-spacingプロパティを使用します。

#sample{
  letter-spacing: 値;
}

letter-spacingプロパティに設定する値を-(マイナス)にした場合、文字と文字の間隔は狭くなります。逆に+(プラス)の値を設定した場合、文字と文字の間隔は広くなります。

設定する値ですが、フォントサイズで使用するpx・em・remなどの様々な単位を使用することが出来ます。個人的におすすめなのは1文字分の大きさを表すemを使うことで直感的に設定することが出来ます。

【CSS】px、%、em、rem、vw、vh、vmax、vminの使い方CSSには幅や文字サイズを設定する時に使用する単位がpx、%、em、rem、vw、vh、vmax、vminの8種類あります。本記事では、それぞれ単位の特徴と使い方について解説します。...

サンプルコード

実際に、letter-spacingプロパティで様々な値を設定してどのくらい文字と文字の間隔が調整されるかサンプルコードを用いて確認してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title>Document</title>
    <link rel="stylesheet" href="index.css" />
  </head>
  <body>
    <p class="em-1">このテキストに設定されている値は-1emです。</p>
    <p class="em-05">このテキストに設定されている値は-0.5emです。</p>
    <p>このテキストには何も設定していないです。</p>
    <p class="em05">このテキストに設定されている値は0.5emです。</p>
    <p class="em1">このテキストに設定されている値は1emです。</p>
  </body>
</html>
.em-1 {
  letter-spacing: -1em;
}

.em-05 {
  letter-spacing: -0.5em;
}

.em05 {
  letter-spacing: 0.5em;
}

.em1 {
  letter-spacing: 1em;
}
サンプルコード表示結果
サンプルコード表示結果

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村