HTML/CSS

【HTML】inputタグに必須項目であることを設定する

本記事では、HTMLだけでこの項目は入力必須項目・選択必須項目であることをユーザーに伝える方法について解説しています。

昔はJavaScriptやPHPなどで制御していましたが、今はHTMLで同じような設定をすることが出来るので、必須項目を作成したい方はぜひご参考ください。

ITエンジニア特化の転職サイト!
自社内開発求人に強い【クラウドリンク】

先輩くん
先輩くん
年収、休日数、労働環境等クラウドリンクが審査し、これらを通過した優良求人情報のみ紹介しているよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
100%自社内開発の求人だから、SESのように職場環境が変わらないのがいいね!
簡単30秒で無料登録!

HTML/CSSの学習におすすめ参考書
1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

inputタグに必須項目を設定

このフォームは必須項目であることをユーザーに伝えるには、inputタグにrequired属性を付与させます。

<input type="" name="" required>

必須項目を入力または選択せずにフォームの送信ボタンをクリックした時に表示される警告文はChromeやFireFoxなどのブラウザによって異なります。

【例】<input type=”text”>の場合
ブラウザ警告文
Chromeこのフィールドを入力してください。
Firefoxこのフィールドは入力必須です。
Safariこのフィールドに値を入力してください
Operaこのフィールドを入力してください。

サンプルコード

必須項目の設定をしたinputタグを無視してフォームを送信した際に表示される警告文について見ていきましょう。今回使用しているブラウザはChromeです。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0" />
    <title>Document</title>
  </head>
  <body>
    <form action="hoge.php">
      名前:<input
        type="text"
        name="username"
        placeholder="名前を入力してください"
        required
      />
      <button type="submit">送信</button>
    </form>
  </body>
</html>
サンプルコード表示結果
サンプルコード表示結果

required属性が付与されている要素に何かしらの入力をしないと、上記のような警告文が表示されます。この警告文は一見CSSでデザインを調整しているように見えますが、デフォルトでこのようなデザインをしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村