HTML/CSS

【CSS】font-sizeで10px未満よりも小さくする方法

本記事では、font-sizeの下限値である10pxよりも小さいサイズを適用させる方法について解説しています。

HTML/CSSの学習におすすめ参考書
1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、HTML+CSS&JavaScript入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間9時間
受講者数43,706人
レビュー (9,232件)
動画の詳細はこちら

font-sizeには下限値がある

Google Chromeではfont-sizeの下限値が10pxと設定されています。そのため、font-size:5pxと設定しても下限値である10pxに自動的に調整されてしまいます。

その理由としては、10px以下のフォントサイズだとユーザーが読みづらくなってしまうからだと思いますが、現在数多くのスマートフォンが登場しており、Galaxy fold (280px)やiPhone 5SE(320px)などの画面幅が極端に狭いスマートフォンでも表示崩れが起きないように10px以下の数値を使いたい場合があります。

そんな時はfont-sizeとtransform:scalc()を組み合わせることで、下限値である10px以下のフォントサイズを表示させることができます。

【CSS】transform:scale()を使って要素を拡大・縮小する方法本記事では要素を拡大・縮小させることができるtransform:scale()の使い方について解説しています。...

font-sizeとtransform:scalc()を組み合わせて10px以下のサイズを作る

ここからは、実際に下限値の10px以下のフォントサイズを作ってみましょう。

font-sizeには下限値である10pxを設定し、transform:scalc()には適用させたい倍率を設定します。例えば、7pxのサイズを適用させたい場合はscalc(0.7)を、5pxのサイズを適用させたい場合はscalc(0.5)を設定します。

<div>
  <p>10px</p>
  <p>9px</p>
  <p>8px</p>
  <p>7px</p>
</div>
div{
  font-size:10px;
  text-align:center;
}

p:nth-of-type(2){
  transform:scale(0.9);
}

p:nth-of-type(3){
  transform:scale(0.8);
}

p:nth-of-type(4){
  transform:scale(0.7);
}

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村