HTML/CSS

CodePenで画像を使う方法を画像付きで分かりやすく解説

CodePenはプレビューが即時反映されることに加えWordPressにソースコードを簡単に載せることができる便利なエディタですが、画像を使う場面に遭遇した時にどのように画像を読み込ませるか分からない方が多いと思われます。

こちらの記事では、CodePenで画像を使う方法について画像付きで分かりやすく解説しています。

ITエンジニア特化の転職サイト!
自社内開発求人に強い【クラウドリンク】

先輩くん
先輩くん
年収、休日数、労働環境等クラウドリンクが審査し、これらを通過した優良求人情報のみ紹介しているよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
100%自社内開発の求人だから、SESのように職場環境が変わらないのがいいね!
簡単30秒で無料登録!

HTML/CSSの学習におすすめ参考書
1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

CodePenで画像を使うために必要なもの

CodePenで画像を使うためには『Googleドライブ』または『DropBox』どちらかのアカウントが必要になります。

DropBoxで画像をアップロードする手順の方が簡単で分かりやすいため、今回はDropBoxを使った手順について解説していきます。

アップロード手順(DropBox)

DropBoxに画像をアップロードする

DropBox画像アップロード

DropBoxにCodePenで取得したい画像をアップロードします。

青色のアップロードボタンで画像を選択または、ドラッグ&ドロップでもアップロードすることができます。

画像のURLを取得する

DropBoxにアップロードした画像のURLを取得します。

URLの取得は、アップロードした画像にマウスカーソルを乗せると、右側に表示されるリンクマークをクリックします。

下記のURLは実際にアップロードした画像のURLになります。次のステップでこの取得したURLを使います。

https://www.dropbox.com/s/b2g16cs6hlu3wnc/img01.jpg?dl=0

DropBoxにアップロードした画像のURLを取得するには、メールアドレスの認証を済ませておく必要があります。

取得したURLを書き換える

先程取得したURLをそのままCodePenに貼り付けても画像は表示されません。

CodePenが読み込めるURLに変更にする必要があります。

取得したURLを確認すると以下の形式になっていることが確認できます。

https://www.dropbox.com/…

https://に続くwwwの個所をdlに変更することによって、CodePenで正しく画像を読み込めるようになります。

URL書き換え例

  • 変換前:https://www.dropbox.com/s/b2g16cs6hlu3wnc/img01.jpg?dl=0
  • 変換後:https://dl.dropbox.com/s/b2g16cs6hlu3wnc/img01.jpg?dl=0

CodePenにURLを貼り付け表示確認

再度にCodePenに書き換えたURLを貼り付けて正しく画像が読み込まれるか確認しましょう。

See the Pen CodePen 画像 by WEBエンジニア Wiki (@WEB-Wiki) on CodePen.

上記のプレビューで先程DropBoxにアップロードした画像がCodePenで表示されていることが確認できました。

以上で、DropBoxを使った画像アップロード方法の解説は終了になります。

まとめ

今回はCodePenで画像を使う方法について解説しました。

重要なポイントを忘れないようおさらいを兼ねて下記にまとめました。

復習ポイント

  • CodePenで画像を使うにはGoogleドライブまたはDropBoxのアカウントが必要
  • DropBoxで取得した画像はwww→dlに変換することでCodePenで使えるようになる

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村