HTML/CSS

【CSS】position:absoluteを背面・後ろに持ってくる方法

本記事では、CSSのposition:absoluteを背面・後ろに持ってくる方法について解説しています。

HTML/CSSの学習におすすめ参考書
1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
ちゃんと学ぶ、HTML+CSS&JavaScript入門講座

動画情報
作成者たにぐち まこと
学習時間9時間
受講者数43,706人
レビュー (9,232件)
動画の詳細はこちら

position:absoluteを背面に設定する

position:absoluteはデフォルト設定で、position:relativeを設定している親要素よりも前面に表示されます。

<p>サンプル<img src="画像パス" /></p>
p{
  position:relative;
}
p img{
  position:absolute;
}
absoluteが前面に表示されている
absoluteが前面に表示されている

これを背面に持ってくる場合、z-indexプロパティで重なり順を変更します。注意点として、position:aboluteを適用している要素のz-indexの値は負の数である必要があります。z-indexの値を背面に持ってきたい要素よりも低い数値にしても、その値が正の数である場合position:absoluteは前面に表示されてしまいます。

p{
  position:relative;
  z-index: 10;
}
p img{
  position:absolute;
  z-index: -1;
  // z-index: 1; これでは前面に表示されてしまいます。
}
absoluteが背面に表示されている
absoluteが背面に表示されている

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村