Git

【Git】変更履歴を確認する方法|git logコマンド

本記事では、Gitで変更履歴を確認することができる、git logコマンドについて詳しく解説しています。

先輩くん
先輩くん
Gitのインストールをしていない人はこちらの記事を参考にしてください!

Gitの学習におすすめ参考書
改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

本書情報
著者湊川 あい
発売日2021/6/12
ページ数280ページ
Kindle版
レビュー
(Amazon)
(84件)

参考書が苦手な人はUdemyの動画がおすすめ
もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

動画情報
作成者山浦 清透
学習時間5.5時間
受講者数40,161人
レビュー (7,512件)
動画の詳細はこちら

git logコマンドの使い方

git logとは、変更履歴を確認することができるコマンドです。
ここでの変更履歴とは、コミットされたタイミングの履歴のことになります。

git logコマンドを使うことで、「いつ」「誰が」「どのような変更を行ったか(コミットメッセージ)」を確認することができます。

基本的な使い方が以下の通りです。
git log

git logコマンドを実際に変更履歴を確認してみよう

実際にgit logコマンドを使って変更履歴を確認していきましょう。
今回はgit logコマンドで変更履歴が表示されるように、3回コミットしています。

git logコマンドを実行したときの結果は以下の通りです。
git log

commit 69f26d377c58a702bb7d481afbc4c3832b9129b6
Author: Test User <TestUser@gmail.com>
Date:   Sat Mar 19 20:24:56 2022 +0900

    third commit

commit 64525a6a8f27a6d9779d6b91b272b4238eee8279
Author: Test User <TestUser@gmail.com>
Date:   Sat Mar 19 20:23:59 2022 +0900

    second commit

commit fd8a7bd6f18043b035953b363fb835b4adac598c
Author: Test User <TestUser@gmail.com>
Date:   Sat Mar 19 20:23:34 2022 +0900

    first commit

git logコマンドで表示される内容は以下の通りです。

表示内容

  • commit:SHA-1チェックサム(ハッシュ)
  • Author:編集者 <メールアドレス>
  • コミット日時
  • コミットメッセージ

git logコマンドを終了するには、「q」キーを押します

git logコマンドの便利なオプション

変更履歴を一行に表示させる

変更履歴を簡潔に見やすく表示させたい場合は「–oneline」オプションを使います。
注意点として、–onelineオプションで表示される変更履歴はAuthor(編集者)とコミットメッセージのみになります。
git log --oneline

69f26d3 third commit
64525a6 second commit
fd8a7bd first commit

表示させるコミット数を制限する

通常のgit logコマンドでは、全ての履歴が表示されます。
長い間運用を続けると、膨大な履歴が表示されるため分かりづらいのに加え、多くの場合は直近の履歴を見ることが多いため直近の◯個目までの履歴を表示させることが多いです。

このような場合は「-n」オプションを使います。-nの後に表示させたい直近のコミット数を指定します。
git log -n 数値

特定のファイルの変更履歴を確認する

あまり触られないファイルの場合、他の変更履歴で埋まってしまい確認しづらい場合があります。
特定のファイルの変更履歴のみを確認したい場合は「-p」オプションを使います。-pの後に確認したいファイル名を指定します。
git log -p ファイル名

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村