【Amazon】人気の商品が日替わりで登場!
毎日お得なタイムセール!商品をみる

【Git】git config –globalで追加した設定を削除する方法

本記事では、git config –globalコマンドで追加した設定を削除する方法について解説しています。

Gitの学習におすすめ書籍
改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門
総合評価
( 5 )
メリット
  • 漫画形式で読みやすく理解しやすい
  • GitHubを使った実践的な内容も分かりやすい
楽天ブックス
¥2,453 (2024/06/10 09:50時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
先輩くん

Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!

後輩ちゃん

初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

全プログラマー必見!
変数名/関数名にもう悩まない!
リーダブルコード
総合評価
( 5 )
メリット
  • 美しいコードが書けるが自然と書けるようになる
  • 他の開発者が理解しやすいコードになる
著:Dustin Boswell, 著:Trevor Foucher, 解説:須藤 功平, 翻訳:角 征典
¥2,640 (2023/07/23 02:48時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す
目次

–unsetオプション

git config –globalで追加した設定を削除するには、–unsetオプションを追加します。基本的な使い方は以下のとおりです。

git config --global --unset 設定項目

実際に、–unsetオプションを使用してgit config –globalで追加した設定を削除してみましょう。削除したい設定はhttp.proxyです。プロキシサーバーを経由してアクセスする必要が無くなったため削除するといった内容です。

まず始めにhttp.proxyに設定されている内容を確認してみましょう。

git config --global http.proxy
> http://hogehoge.com:8080

※http.proxyに何も設定していない人は上記のコマンドを実行しても何も返されません。もし、自分の環境で動作させて確認したい人は適当なURLをセットすると良いでしょう。

次に、–unsetオプションでhttp.proxyの設定を削除します。

git config --global --unset http.proxy

これで、http.proxyの設定が削除されました。

最後に、http.proxyの設定が本当に削除されているか確認してみましょう。

git config --global http.proxy

上記のコマンドを実行しても何も返されないことが確認できます。また、git config –listコマンドを実行してもhttp.proxyの設定項目は削除されています。

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次