IT書籍

Ruby初心者におすすめしたい本5選

本記事では、Ruby(ルビー)のおすすめ参考書を5冊紹介しています。

気になった参考書があれば、購入する前にAmazonの無料試し読みで内容を確認することをおすすめします。

表紙がイラストをたくさん使っているから、内容も初心者向けだろうと思い購入してみたら、図解での説明が少なく文字で埋め尽くされている参考書だった。。なんてこともありますので。
※無料試し読みができない参考書もあります。

最短3ヶ月でエンジニアになれる!?
転職成功率98%のプログラミングスクール
DMM WEB CAMP

先輩くん
先輩くん
オンライン完結で24時間どこでも学習することができるよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
未経験から憧れのエンジニアになるぞ〜!!
簡単30秒で無料相談申し込み

おすすめ参考書

後輩ちゃん
後輩ちゃん
先輩!Rubyの学習でおすすめの本を教えてください!
先輩くん
先輩くん
了解!僕がおすすめする本について紹介していくね!

ゼロからわかる Ruby 超入門

本書情報
出版社技術評論社
著者五十嵐 邦明 / 松岡 浩平
発売日2018/11/22
ページ数288ページ
レビュー
(Amazon)
(69件)
本書の構成

  1. 環境をつくる
  2. かんたんなプログラムを書く
  3. 処理の流れを変える
  4. まとめて扱う – 配列
  5. 便利な道具を使う
  6. 組で扱う – ハッシュ
  7. 小さく分割する – メソッド
  8. 部品をつくる – クラス
  9. 部品を共同利用する – モジュール
  10. Webアプリをつくる
  11. 使いこなす

レビューちゃん
レビューちゃん

プログラミング言語の経験がないところから、一つづつ知識を導入して解説しており、初学者向きだと思う。 その分、rubyの機能の全ては教授してないので、これを読んだ後に「プロを目指す人のためのruby入門」を読んだ方が良い。

引用元:Amazonレビュー
レビューくん
レビューくん

要点がまとまっているので、非常に読みやすかったです。初心者でもわかるよう、噛み砕いた説明がされています。初心者の初めの1冊目におすすめします。

引用元:Amazonレビュー

スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング

本書情報
出版社インプレス
著者リブロワークス
発売日2019/3/15
ページ数216ページ
レビュー
(Amazon)
(62件)
本書の構成

  1. Ruby最初の一歩
  2. 条件によって分かれる文を学ぼう
  3. 繰り返し文を学ぼう
  4. クラスとメソッドの作り方を学ぼう
  5. Ruby on Railsを体験しよう

レビューちゃん
レビューちゃん

プログラム文やエラー文の上にふりがな(英語や記号を日本語に訳す)が振ってあるので、英語やプログラミングが苦手な人でもとても理解しやすいです。 直面することが多いエラー文を解説してあるのはかなり参考になりました。 わかりづらい専門用語もあまり出てこず、イメージや図が多く使われていて、読みやすいです。 最後の方ではRailsの導入方法や基本的な仕組みについて解説してあります。 自分はprogateで学習した後にこの本を読んだのですが、プログラミング入門者でもわかりやすいと思います。

引用元:Amazonレビュー
レビューくん
レビューくん

プログラミングってなに! 意味わからんのやけど! という人が最初に買うべき本。この後に3ステップでしっかり学ぶruby入門を買えばよりrubyをしれます。

引用元:Amazonレビュー

プロを目指す人のためのRuby入門[改訂2版] 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで

本書情報
出版社技術評論社
著者伊藤 淳一
発売日2021/12/2
ページ数568ページ
レビュー
(Amazon)
(32件)
本書の構成

  1. 本書を読み進める前に
  2. Rubyの基礎を理解する
  3. テストを自動化する
  4. 配列や繰り返し処理を理解する
  5. ハッシュやシンボルを理解する
  6. 正規表現を理解する
  7. クラスの作成を理解する
  8. モジュールを理解する
  9. 例外処理を理解する
  10. yieldとProcを理解する
  11. パターンマッチを理解する
  12. Rubyのデバッグ技法を身につける
  13. Rubyに関するその他のトピック

レビューちゃん
レビューちゃん

プログラム初心者というよりも他の言語経験者が最新のrubyを学びたいときの第一の選択肢となる本です。ページ数が多いですが読みやすくて楽しい本なのでrubyやrailsに興味があるなら手に取ることをオススメします。最新の事情に合わせて旧版から加筆されているので是非とも買い替えて読んでほしいです。とにかくオススメの本です。

引用元:Amazonレビュー
レビューくん
レビューくん

Javaやその他の言語の経験があってRubyに取り組もうとした時に、本当に勉強になりました。とても良い本です。 Ruby独特のループ、Getter/Setterその他Overrideが楽、Moduleによる多重継承もどき・・などなどRubyで便利な機能が色々ありますが、Rubyを理解するまでは他の言語とは違う癖のある面倒な言語に思えてしまいます。ですが、何故Rubyの文法や構造が便利なのか、他の言語から類推すると分からない点、ハマりやすい点などが、心の内を読んだようにことごとく先回りして説明しています。 他の言語の開発経験のある方にはお勧めの一冊です。 一方、どの言語でもプログラム開発経験があまり無い方にとっては、この一段階前の基礎を先に理解した方が良いように思います。

引用元:Amazonレビュー

RubyではじめるWebアプリの作り方

本書情報
出版社オーム社
著者久保秋 真
発売日2021/11/26
ページ数416ページ
レビュー
(Amazon)
(4件)
本書の構成

  1. 作成するアプリと開発の流れ
  2. 必要な機能を実験しよう
  3. コマンドライン版 注文履歴取得アプリを作ろう
  4. Web アプリ版に必要な機能を実験しよう
  5. Webアプリ版 注文履歴取得アプリを作ろう
  6. 注文履歴からExcelワークシートを作ろう

独習Ruby 新版

本書情報
出版社翔泳社
著者山田 祥寛
発売日2021/9/13
ページ数608ページ
レビュー
(Amazon)
(6件)
本書の構成

  1. Rubyの基本
  2. 演算子
  3. 制御構文
  4. 標準ライブラリ[基本]
  5. 標準ライブラリ[配列/セット/ハッシュ]
  6. 標準ライブラリ[その他]
  7. ユーザー定義メソッド
  8. オブジェクト指向プログラミング
  9. オブジェクト指向プログラミング[応用]
  10. 高度なプログラミング

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村