書籍

Flask(フラスク)の勉強におすすめの本6選

本記事では、Pythonのフレームワークの一つであるFlask(フラスク)の勉強におすすめの参考書を紹介しています。

気になった参考書があれば、購入する前にAmazonの無料試し読みで内容を確認することをおすすめします。

表紙がイラストをたくさん使っているから、内容も初心者向けだろうと思い購入してみたら、図解での説明が少なく文字で埋め尽くされている参考書だった。。なんてこともありますので。
※無料試し読みができない参考書もあります。

IT・Web業界特化の転職サイト!
【マイナビIT AGENT】

先輩くん
先輩くん
マイナビIT AGENTは、IT・Web業界に強い転職エージェントだよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
登録~転職に至るまで一切費用はかからないよ!
公式ホームページはこちら

【月額980円で読み放題!】
Amazon Kindle Unlimited

Amazon Kindle Unlimited
先輩くん
先輩くん
Amazon Kindle Unlimitedに登録すると、月額980円で読み放題だからオススメだよ!
後輩ちゃん
後輩ちゃん
初回30日間は無料だから、まだ登録したことのない人はぜひ試してみてね!

Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方

本書情報
出版社翔泳社
著者佐藤 昌基 / 平田 哲也
発売日2022/1/24
ページ数702ページ
レビュー
(Amazon)
(65件)
本書の構成

  1. Flask入門
  2. [Flask実践1]物体検知アプリの開発
  3. [Flask実践2]物体検知機能のAPI化/デプロイメント
  4. 機械学習APIの開発

レビューちゃん
レビューちゃん

とてもお勧めできる参考書です。 webアプリにどう機械学習のアルゴリズムを落とし込めばよいか実践的な内容で大変勉強になります。 順序としては、python、flask、機械学習を軽く学んでから取り組んだほうがいいと思います。 レベル感としては脱初心者から中級の間くらいでしょうか。

引用元:Amazonレビュー
レビューくん
レビューくん

現状、日本語でFlaskを解説した書籍の中では、最も実用的に書かれていると思います。 本書の冒頭説明にもある通り、近年、フロントエンド重視にシフトされつつある中、フルスタックのDjangoより、マイクロフレームワークであるFlaskのニーズが高まってきています。そんな中、本書のようにFlaskの実用的な使いこなし方をしっかり解説した書籍は大変貴重です。

引用元:Amazonレビュー

ゼロからFlaskがよくわかる本: Pythonで作るWebアプリケーション開発入門

本書情報
出版社Independently published
著者本田崇智
発売日2021/11/11
ページ数176ページ
レビュー
(Amazon)
(83件)
本書の構成

  1. Flaskの歴史と設計思想
  2. 主要なPython Webフレームワークとトレンド
  3. FlaskとDjangoの比較
  4. 1つのファイルでアプリケーションを動かしてみる
  5. 起動ファイルを作る
  6. configファイルを作る – 設定を1つにまとめて扱えるようにする
  7. Flaskのフレームワークについて理解する – MTVフレームワーク
  8. テンプレートを作る – MTVフレームワークにおけるTemplate
  9. Bootstrapを導入 – デザインをきれいに整える
  10. ログインフォームを作る – フォームを導入する
  11. ビューを作る – MTVフレームワークにおけるView
  12. ベースとなるレイアウトテンプレートを作る
  13. sessionを扱う – 認証により安全なログインができるようにする
  14. flashを追加 – ユーザにメッセージを表示する
  15. url_forを使う – 自動でリンクを作成する
  16. データベースを扱う
  17. モデルを作る – MTVフレームワークにおけるModel
  18. スクリプトを作る – 決まった処理を共通に使えるようにする
  19. CRUDについて知る
  20. staticファイルを追加 – 画像やスタイルシートを扱えるようにする
  21. ログイン認証のデコレータを作る
  22. Blueprintでアプリケーションを分割する
  23. テストを書く
  24. テストカバレッジの計測とレポートの作成
  25. 最終的なアプリケーション構成

レビューちゃん
レビューちゃん

順を追って説明が詳しくあるので、初心者でもこの本のおかげでアプリケーションを作ることができました。

引用元:Amazonレビュー
レビューくん
レビューくん

Pythonといえば、データ処理、機械学習やゲーム開発の書籍が多い気がします。その中でPythonを使って職場ですぐ利用できるアプリケーション開発を目指している私にとっては非常にありがたい一冊でした。ログイン→ブログの流れが理解できます。

引用元:Amazonレビュー

Python & Flask 初めてのWebアプリケーション作成に挑戦!!

本書情報
著者髙頭周平
発売日2020/10/28
ページ数75ページ
レビュー
(Amazon)
(34件)
本書の構成

  1. Flaskの実装
  2. 機能の追加

レビューちゃん
レビューちゃん

Flaskを初めて使う方やパイソンでウェブアプリを作りたい方におすすめです。 コードは自力でも打てる量ですが、サンプルとしてダウンロードできればさらに良かったと思います。

引用元:Amazonレビュー
レビューくん
レビューくん

Pythonや他の言語でのプログラミング経験はありますが、Web系エンジニアではなく、Flaskも使ったことがありませんでした。 1〜2時間ほどでflaskでログイン画面のあるWebアプリケーションを作ることができました。 flaskやHTMLのコード解説が細かくされているので、pythonの入門書を終えて次にWebアプリケーションを作ってみたいと言う人や、別ジャンル(インフラやセキュリティ)のエンジニアが簡単なWebサイトを作ってテストしてみたいような場合にもピッタリだと思いました。

引用元:Amazonレビュー

Pythonを覚えた人が昼休みの間に「Flaskってこんな感じなのね」と超ザックリ理解するための本

本書情報
著者本田有呼
発売日2019/6/24
ページ数22ページ
レビュー
(Amazon)
(41件)
本書の構成

  1. Flaskとは
  2. セットアップ
  3. Hello World
  4. テンプレートを扱う
  5. URLパラメータを扱う
  6. GETパラメータを扱う
  7. POSTパラメータを扱う
  8. JSONレスポンスを返却する

レビューちゃん
レビューちゃん

公式チュートリアルを以前一通りやってみましたが、私には情報がてんこ盛りすぎて心が理解を拒絶していました。Hello World! の次いきなりデータベースに飛躍するし、Werzeungてどこのドイツ人だ。そんな私ですが、この本のおかげでFlaskの基本中の基本があっという間に腑に落ちました。今なら公式チュートリアルもきっと怖くありません。著者さんありがとう!

引用元:Amazonレビュー
レビューくん
レビューくん

flaskってよくわからないので勉強のためためしに買って読んでみました(安かったので!)。 Webサイトにある情報は逆に多過ぎるので非常にシンプルな内容になっていて、私にぴったりでしたね!

引用元:Amazonレビュー

Python Flask 人工知能API 実践入門 – Python 人工知能 API を使った LINEbot(ラインボット) を作ろう

本書情報
著者Yoshiki Mogi
発売日2020/1/7
ページ数174ページ
レビュー
(Amazon)
(17件)
本書の構成

  1. Google Colaboratory
  2. 人工知能APIを使ってみる
  3. LINEボット化する
  4. Herokuへデプロイする

レビューちゃん
レビューちゃん

説明が一つ一つ丁寧で、スムーズに楽しく演習できました。コラボレイトリー乃便利さに感動したので、今後も使っていこうと思います。

引用元:Amazonレビュー

Pythonフレームワーク Flaskで学ぶWebアプリケーションのしくみとつくり方

本書情報
出版社ソシム
著者掌田津耶乃
発売日2019/8/10
ページ数346ページ
レビュー
(Amazon)
(33件)
本書の構成

  1. HTTPServerによるWebアプリケーションの作り方
  2. FlaskでWebアプリケーションを作ろう
  3. Bootstrapでデザインしよう
  4. Vue.jsでSPAアプリを作ろう
  5. データベースと連携しよう
  6. 付録 Python基礎文法入門

レビューくん
レビューくん

Flaskを使ったWebアプリケーション開発が、 例題を実際に動かしながら理解できるように工夫がされているため、 初心者にも分かりやすいと思います。

引用元:Amazonレビュー

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村